その他

悪魔に魂を売ったマー君!? 楽天優勝の裏にモノノフの影あり

【不思議サイト「トカナ」より】

tanaka.jpg
イメージ画像は、『田中将大 ~若きエース4年間の成長~』(小学館)より

 プロ野球の日本シリーズ第7戦、楽天イーグルスが3-0で巨人を下し、球団創設9年目にして初の日本一をつかみとった。試合終了後、星野仙一監督は本拠地・仙台にて、選手達の胴上げに満面の笑みを浮かべた。

 思い返せば、2004年の設立当初、少ない有力選手、0-26という大敗記録や38勝97敗という結果に苦汁をなめた。2年目から野村克也が監督をつとめるも二年連続最下位という散々たる結果に終わった。

 そしてこの日本シリーズ第7戦。

 やはり印象に残るのは、前日の第6戦で160球を投げきるも、負け投手となった田中将大投手。

降りしきる雨の中、9回表のマウンドに登板。優勝がかかった場面で田中投手が見せた勝負師の顔、その真剣な眼差しに多くの人が固唾をのんだことであろう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク