その他

【平成の放送禁止歌】児童虐待を歌った話題曲が過激すぎて放送見送り!?

pc-fumituki.jpg
画像は、文月メイオフィシャルHPより。HPに行くと曲「ママ」が聴ける

【不思議サイト「トカナ」より】

「ぼくのことが邪魔なの? あのゴミ袋と一緒に捨てるの?」衝撃的な歌い出しに思わず息をのんでしまう、文月メイの楽曲「ママ」がネット上で話題を呼んでいる。

 10月2日にデビューしたばかりの文月メイは、学習塾の教室長をしていた経験のある27歳のシンガー・ソングライター。親からの虐待経験を持つ女子高校生など、子どもたちの心の声を聞いてきた彼女は、近年、親による子どもの虐待死の報道が増えているのをきっかけに「ママ」を作曲したという。

 この曲が動画共有サイトYouTubeにアップされたのは、文月メイのデビューが発表される前の今年3月。以来、動画には多くのコメントが寄せられ、シェアされ続けた。そして、10月17日にNHK「ニュースウォッチ9」で「ママ」の特集が放映されると、さらにアクセスは急増し、再生回数は新人アーティストとしては異例の100万回を突破した。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

【平成の放送禁止歌】児童虐待を歌った話題曲が過激すぎて放送見送り!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!