[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

乙女ゲーム化に三宅健&長野博のバラエティ進出、18周年のV6になにが!?

gouken-kawaii01.jpg
そこ~イチャイチャしてるんじゃないよ(はあと)

 V6・長野博が、10月31日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に「ボーイスカウト芸人」の一員として出演し、話題を集めている。同番組へのジャニーズからの出演は長野が初とあり、ネット上では「アメトークにジャニーズが出てる!」と驚きの声があがったが、意外にも「普通に馴染んでる」との好反応が目立った。

 長野はMCの雨上がり決死隊・宮迫博之に「芸人さんじゃないですよね?」と突っ込まれながらも、「ボーイスカウトのことは今までテレビでも雑誌でも1回も言ったことないんですけど、今回呼ばれました!」と、敬礼。光GENJIの「地球をさがして」に合わせて手旗信号の振り付けを披露する見せ場もあり、初出演ながらきっちり“爪痕”を残した。

 また、V6ではほかにも三宅健が『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演したことが話題に。7月のSPで「やることが小学生レベル」と紹介され、9月に再出演した際にも下ネタ全開で大暴走していた。

 グループ内で最も歌唱力が高い坂本昌行はミュージカルで活躍し、森田剛も映画や舞台での芝居が評価され、すっかり演技派俳優に。岡田准一は来年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演という大仕事が控えており、井ノ原快彦は『あさイチ』(NHK)でのMC技術が認められている。しかし、4人に比べて三宅&長野は、活躍の場が少なかっただけに、近頃のバラエティ露出はファンにとってもうれしいところだ。

「7月発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、三宅の『アウト×デラックス』出演は、SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏が、遊んでいる三宅に仕事をさせるために、懇意だった同番組のプロデューサーに“イジられ系でいいから出して”とお願いしたことで叶ったんだとか。三宅&長野の場合は歌がうまいとはお世辞にもいえず、出演できる舞台にも限りがあります。そんな露出の少なかった2人が、それぞれの特徴を生かしてバラエティに進出しているようですね。今後も長野は得意のグルメ知識を生かし、ソロでテレビに出る機会が増えるかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者)

 メンバーのバラ売りが始まって新境地を開拓しつつあるV6だが、10月23日からは実写恋愛ソーシャルゲーム「ラブセン~V6とヒミツの恋~」が、GREEにて配信されている。

「“擬似恋愛ゲーム”ということでジャニーズファンからは『なんで若手の嵐や関ジャニ∞じゃなくてV6なのか?』といった疑問の声が漏れていましたが、V6は1998年にもプレイステーション用ソフト『プロジェクトV6』を出していたので、初めての試みではありません。今作は撮り下ろし写真を使っていることもあってV6ファンの評判も良く、リリースから1週間が経過しても新着ランキング1位で、総合でも一桁台に入っていました」(同)

 11月1日でデビュー18周年を迎えたV6。ここに来てそれぞれが新たな活動の場を見出しているが、グループでの活動も活発化することを期待したい。

え、博って歌うまいよね!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!