槇原敬之「女性に向けた曲は初めて」発言で“ついにカミングアウトか!?”と大騒ぎ!

makiharanoriyuki1101.JPG
DVD『世界癒しの旅シリーズ (仮)槇原敬之 アイルランド音楽紀行 』(ポニーキャニオン)

【日刊サイゾーより】

 歌手の槇原敬之(44)が、このほど描き下ろした新曲について「女性に向けた曲は初めて」と発言したことで、ネット上では「カミングアウトか!?」「マッキーがついに認めた!」と騒ぎになっている。

 新曲「Life Goes On~like nonstop music~」は、バナナマン・設楽統が司会を務める主婦向け情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)の新テーマソング。サンケイスポーツの報道によれば、同番組プロデューサーが「女性に“恋や人生をもっと楽しもう!”というメッセージを伝えたい」と、槇原に制作を依頼。槇原は「女性に向けた曲は初めてで、すごく楽しかった。夢中になって書きました」と、制作時の心情を明かしている。

 槇原といえば、1990年のデビュー以降、ミリオンセラーを記録した「どんなときも。」「もう恋なんてしない」(ダブリューイーエー・ジャパン)をはじめ、ヒットソングを連発。恋愛ソングも多く、男女問わず共感を集めてきた。

 また、槇原は、長年にわたり“ゲイ疑惑”が付きまとっていることでも有名……

続きを読む>>>



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

槇原敬之「女性に向けた曲は初めて」発言で“ついにカミングアウトか!?”と大騒ぎ!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!