[官能小説レビュー]

「セックスは事なかれ主義」の女への良書『わたしには鞭の跡がよく似合う』

muchinoato.jpg
『わたしには鞭の跡がよく似合う』/辰巳出版

■今回の官能小説
『私には鞭の跡がよく似合う』(大石圭、辰巳出版)

 ひとりの男性から愛情と快感の両方を手に入れることは、とても難しい。どんなに愛している恋人がいても、じゃあセックスまで大満足しているのかと問われると、素直に頷ける女性は少ないだろう。そんな時、女性はどうしているのか? 体が満足できなくても「でも、彼のことが好き」と、納得しているのだろうか? それとも、快感を求めてくすぶるもう1人の自分を解放させてしまうのか?

 今回ご紹介する『わたしには鞭の跡がよく似合う』(辰巳出版)の主人公・深雪は、一見どこにでもいる普通の地味なOL。ほっそりとした身体に黒髪のストレート。電機メーカーで営業事務として働き、付き合って半年経つ恋人がいる。平日はフルタイムで働き、週末は恋人とデート。パターン化した1週間をたんたんとこなす毎日――しかし、そんな平凡に見える深雪にはもう1つの顔があった。それは、マゾヒストとしての顔だ。

 深雪の中に潜むマゾヒストの顔は、一流ホテルのトイレ内で姿を現す。トイレの個室で地味なスーツや下着を脱ぎ捨て、淫靡なショーツとボディラインにぴったり沿う黒いワンピースに着替える。派手な化粧を施したっぷりと香水を吹き付けると、もう“深雪”はいない。鏡に映るのは、マゾヒストの“聖子”だ。

 SM嬢としてこの仕事を続けてから、もう2年になる。男たちはみな、彼女を人として扱わない。まるでおもちゃを弄ぶように激しいプレイを繰り広げる。酷い言葉を浴びせられながら鞭で叩かれ、白い肌に赤黒い鞭の跡が乗るたびに、彼女は充実感に満ちあふれてゆく。生まれ持った“マゾヒスト”としての自分を開放する喜びに包まれながら、彼女は喜悦の声を上げるのだ。

 聖子としての顔を持つことは、もちろん恋人の浩介には秘密にしている。ガラス細工を扱うように、優しく丁寧に深雪を抱く浩介。電気スタンドの明かりを消すと、彼女の肌に浮き立つ鞭の跡と蝋の火傷の跡は闇に包まれ、消える。浩介の愛情たっぷりな愛撫を感じるたびに、相反する2つの感情が沸き立つ。うれしい。けれど、もっと乱暴にして、と。まるで、深雪の中に息づく聖子が叫び苦しんでいるかのように。

 深雪のもう1つの名“聖子”は、彼女の母親から受け継いだ名だった。そう、深雪の母親もまた、マゾヒストだったのだ。深雪が5歳の頃に他界した母の死因を、深雪はひょんなことから知ることになる。母は、首を絞められて死んだ。しかも父以外の男とのSMプレイ中に。父の書斎で見つけたビデオテープ。そこに映っていたのは、両手と両足をベッドの端に縛り付けられ、白い小さな下着を身につけた母だった。

「聖子」なんと業の深そうな名前

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに