その他
ネタとして最高!!

大原麗子の【封印映画】の展開がエロ・ゲスすぎてヤバい!?

RE-OOHARA.jpg
RE-OOHARA.jpg

【怪奇・不思議サイト「トカナ」より】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

 1964年に女優デビューし、『網走番外地』シリーズ(東映)、『男はつらいよ』シリーズ(松竹)など、実に多くの人気作品でマドンナを演じた大原麗子。

 個人的には、テレビドラマ『雑居時代』(73~74年・日本テレビ系)で、居候の主人公(石立鉄男)と言い争いをしながらも、徐々に惹かれ合っていく夏代役に、たまらなく胸キュンしたものだ。

 また80年代には、「少し愛して、長~く愛して」の名台詞で知られるサントリーレッドのCM(演出・市川崑)に、心をときめかせたお父さん世代も多いことだろう。


 そんな昭和を代表する大女優・大原麗子だが、『雑居時代』放送終了後に発症したギラン・バレー症候群で長い闘病生活を経たのち、2009年8月6日に自宅で孤独死(死因は、不整脈による脳内出血)……と、その末路はショッキングなものだった。

■大原麗子出演作品のタイトルが壮観!

 さて、ホームドラマでお茶の間の好感度を得る以前の彼女が、銀幕の上でさまざまな汚れ役をこなしていたことは、巷間であまり語られることはない。

 劇場作品デビューした1965年の出演作品を最初から順番に並べると、『いろ』『ダニ』『かも』(笑)。何となくその内容が計り知れるが、さらに『夜の悪女』『夜の牝犬』『女犯破壊』『非行少女ヨーコ』『赤い夜光虫』と、ビッチなタイトルの作品に連続して出演。そして経験を積んで頭角を現した大原麗子が、ついに手中に収めた初主演作品が『マル秘 トルコ風呂』だった。

続きは【トカナ】で読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク