その他
ネタとして最高!!

大原麗子の【封印映画】の展開がエロ・ゲスすぎてヤバい!?

RE-OOHARA.jpg
RE-OOHARA.jpg

【怪奇・不思議サイト「トカナ」より】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

 1964年に女優デビューし、『網走番外地』シリーズ(東映)、『男はつらいよ』シリーズ(松竹)など、実に多くの人気作品でマドンナを演じた大原麗子。

 個人的には、テレビドラマ『雑居時代』(73~74年・日本テレビ系)で、居候の主人公(石立鉄男)と言い争いをしながらも、徐々に惹かれ合っていく夏代役に、たまらなく胸キュンしたものだ。

 また80年代には、「少し愛して、長~く愛して」の名台詞で知られるサントリーレッドのCM(演出・市川崑)に、心をときめかせたお父さん世代も多いことだろう。


 そんな昭和を代表する大女優・大原麗子だが、『雑居時代』放送終了後に発症したギラン・バレー症候群で長い闘病生活を経たのち、2009年8月6日に自宅で孤独死(死因は、不整脈による脳内出血)……と、その末路はショッキングなものだった。

■大原麗子出演作品のタイトルが壮観!

 さて、ホームドラマでお茶の間の好感度を得る以前の彼女が、銀幕の上でさまざまな汚れ役をこなしていたことは、巷間であまり語られることはない。

 劇場作品デビューした1965年の出演作品を最初から順番に並べると、『いろ』『ダニ』『かも』(笑)。何となくその内容が計り知れるが、さらに『夜の悪女』『夜の牝犬』『女犯破壊』『非行少女ヨーコ』『赤い夜光虫』と、ビッチなタイトルの作品に連続して出演。そして経験を積んで頭角を現した大原麗子が、ついに手中に収めた初主演作品が『マル秘 トルコ風呂』だった。

続きは【トカナ】で読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー