マドンナ、ジェシカ・アルバはエクササイズ中毒!? 意外な消費カロリーとは

madonna-mukimuki.jpg

 海外のセレブたちは、メリハリのあるスリムな“美ボディ”を手に入れるため、日々努力している。主流は、プロのアドバイスのもと、食事法とエクササイズを組み合わせるボディメイキング。毎日続けられる無理のないメニューがポイントだ。しかし中には、より効果的に痩せたい、自分の限界に挑戦したいと望み、ハードな運動や、筋トレのワークアウトを中心とした、プロのアスリート並みのメニューをこなしているツワモノがいる。彼女たちのワークアウトに対する姿勢はストイックそのもので、滞在中のホテルでも欠かず行うなど、もはや中毒。一体どれだけハードなのものなのか、アスリート並のワークアウト中毒セレブ、ベスト3のトレーニングメニューを見てみよう。

第1位:ミーガン・フォックス
 身長163cm、体重52kg、スリーサイズはB86cm・W58cm・H81cmという、理想的なナイスボディを持つミーガンは、週3回、自宅にパーソナル・トレーナーを呼び、ワークアウトを行う。メニューは、カーディオ(心拍数を管理しながら行う運動)と、数種の運動を組み合わせて行うサーキット・トレーニング。

 カーディオは、トレッドミルを使いダッシュで20分、エアロバイクを20分と、無酸素運動と有酸素運動をセットで行う。なかなかハードだが、消費カロリーは意外と低く計221kcalといったところ。サーキットは、ジャンプ50回、腕立て伏せ12回、バーピー(直立から、しゃがみ、腕立ての姿勢になり、もとに戻る)12回、スクワットジャンプ12回、プランク(腕立ての構えから肘とつま先だけの姿勢をキープ)30秒、ハイニー(膝を交互に上に上げる)60秒を続けて行い、1分の休憩。これを2~3回繰り返すという、相当効きそうなメニューだが、消費カロリーは84~126kcalほどである。カーディオと合計しても347Kcaと、消費量は意外と少ない。

第2位:マドンナ
 身長164cm、体重54kg、スリーサイズはB86cm・W58cm・H86cmと、55歳にして奇跡のボディを誇るマドンナ。アスリートのような筋肉美を持つ彼女は、週に6日、1~2時間をジムで過ごす。

 カーディオとしては、トレッドミルを時速5.6kmに設定し、後ろ向きのランニングなどを40分間行う。かなりしんどいが、消費カロリーは360kcalほど。そして筋トレメニューとして、仰向けで両足を上げ下げするレッグ・リフトは200回、消費カロリーは約80kcal。腹筋、臀部と腕の筋肉を鍛えるトーニング・エクササイズには、30分かけるが、こちらもあまりカロリーは消費されない。筋肉強化がメインとはいえ、きつい割りには消費カロリーが低く、驚かされる。

第3位:ジェシカ・アルバ
 身長170cm、体重56kg、スリーサイズはB86cm・W61cm・H86cmと、スリムながらメリハリのある体形を維持しているジェシカは、産後2週間でジム通いを再開させるほどのエクササイズフリーク。週に6日、45~60分のエクササイズを行っている。

 そんな彼女のメニューは、カーディオと筋力トレーニングを組み合わせたもので、カーディオは、高強度インターバルトレーニングを取り入れている。これは、脂肪を落とすことに効果的といわれている、キツイ運動と軽い運動を交互に行うトレーニング方法。ジェシカは、ジョギング2分、ダッシュ6分、ジョギング2分をセットで行い、しめて126kcalのカロリー消費。筋トレは、1.3kgのダンベルで大腿四頭筋、背中の僧帽筋、大胸筋・三角筋を鍛えるメニューを20回ずつを1セットにして3回行う。それでもカロリー消費は約200kcalと振るわない。30秒間ジョギングし、30秒間ダッシュするのをノンストップで5分間続けるカーディオも取り入れているが、やはり総消費カロリーは驚くほど少ない。

 まるでアスリートのような、きついエクササイズ・メニューを、黙々とこなす彼女たち。多忙な中でも休まず続けるのは、運動を止めれば体重が増えたり、体型が崩れるという恐怖心があるからだろう。しかし、運動せずにカロリーをカットできる方法があれば、そちらを選びたいのが一般的な女性の考え。

biena1024.jpg

 「ビエナ・ゼリーライブラリー」は、カロリーコントロールのしやすいダイエット食品で、食事の回数を減らさずにカロリーをカットできることで評判だ。1食分(2袋)158kcalと低カロリーのため、普段の食事をビエナに置き換えるだけで、カロリーダウン。摂取カロリーが多くなりがちな昼食や夕食をビエナに置き換えれば、大幅にカロリーを抑えることができる。また、普通に食事していても不足しがちなビタミンも10種類、1日の基準量の1/3以上を摂取でき、味の種類もオレンジ、ピーチ、マンゴー、ヨーグルトなど全6種類。各種をミックスして味にバリエーションを持たせることもできそうだ。

 セレブですら、カロリーを消費するのはとても大変なこと。それなら、無理なくおいしくカロリーをカットして自然な減量を目指したいもの。「ビエナ・ゼリーライブラリー」で、引き締まった体作りを始めてみるのもよさそうだ。

ビエナ・ゼリーライブラリー

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー