今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

「ミカパン」という名の自意識の化け物を入社させた、フジの思惑とは?

mikapan.jpg
『ミカパン』(フジテレビ)公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎化け物級の女子アナ登場
 『ミカパン』(フジテレビ系)のフジの女子アナ、すごいなぁ。女子アナなんて元々自意識過剰な女しか志願しない仕事なんだし、そんな女子アナにまだなりたての新人の、剥き出しの自意識の拙さになど、腹を立てる方がバカバカしい。そもそも「○○パン」てのは、その剥き出しの拙い自意識を鑑賞するための番組だ。立腹は負け! それはゆめゆめわかっていたのだが、コイツは……。人をイラつかせるためだけに生まれてきた、女子アナの化身のようであるな。

 まだ若いのに厚くて粉っぽいファンデ、下手で過剰なアイメイク、反った大きな歯、ハッキリ映る歯茎、「えー、あたしですかー? 気になりますかー?(いいえ、とゲストに言われて) えー何でですかぁ! 気になるみたいですが、続きはCMの後で(はぁと)」と汲めどもつきぬ自分話。何だこれ。何でこんなの入れた。みのもんたの娘か。

 しかし、グイッと広がったしっかりした鼻の穴を見ていたら、「あ、高橋真麻の補填か!」と合点がいった。あれはフジだけに存在する「鼻枠」ということなのだ。


◎タモリ、勇退!
 『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了の衝撃。打ち切り決まって即報告ってところがタモリらしい。もし『いいとも』やってなかったら、アナーキーなアングラ系芸人の道をずっと行ってたんだろう。そんなもう1人のタモリにも遭ってみたかったが。しかし、どちらに転んでいたとしても、タモリ自身はまったく変わってないんだろう。誰にもそう思わせてしまうところが、タモリのタモリたる所以である。やっぱり去年の『FNS27時間テレビ』は、盛大な生前葬ってことだったんだな。

 惜しまれつつ去るタモリがいる一方、そっと息を潜めるとんねるず、危機意識ゼロのダウンタウン。「タモさんにも辞めてもらったんだから」は印籠だ。追って御沙汰を待て。

◎典型例としての『ほこ×たて』
 「深夜に放送してた頃は面白かったのに」って、あまりにも言い飽きたフレーズではあるけれど。『ほこ×たて』(フジテレビ系)もその典型例だった。素材が面白く見えるよう編集することを全て「やらせ」とは思わないが、その「持って行きたい」方向がどんどん悪辣に。深夜の頃の「拘泥する人のマニアックな輝き」を伝える熱は皆無に。あれ、深夜に見ていた人ほど見なくなってったと思う。もう初めからオチありきで作るからこうなるんである。的を撃っちゃったら撃っちゃったで「あー、レアさんが撃ってしまった~」って、そのまま伝える『探偵ナイトスクープ』(朝日放送)方式でいいじゃないか。

 この番組でぜひやってほしい企画があったんだけどなぁ。「絶対にバレないヅラVS絶対にヅラを見破る受付嬢」。受付嬢って、入館表に記入してもらう時とか、至近距離でお客の俯いたつむじや生え際見放題だし、何てったって人数見てるし、何だったら「あれ? メーカー変えた?」ってとこまで看破できる猛者が多い。それは私だ。受付のバイトしてる時、無敵であった。しかしあれからもう15年近く。ヅラ技術も著しく進歩しているだろう。そこを見破り、ジャッジを下す現代の鬼受付嬢、見たいなぁ。テレビ局のタレントクロークなど、猛者だらけだろうに。灯台下暗し。何の話だ。

 今週はフジテレビネタだけで乗り切れたな。これはこれで、ある意味「フジッ子」ということなのかもしれない。今後ともよろしく。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク