[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・相葉雅紀、相次ぐ降板騒動は「実家に対する事務所のペナルティ」か?

aiba-0113.jpg
会社と実家の板挟みでぐったりモード?

 嵐・相葉雅紀の仕事事情に関し、今年に入ってからさまざまな異変が起こっているという。ある広告代理店関係者は、「ジャニーズ事務所は、相葉をめぐってスポンサーに背くような行動まで取っています。はっきりいって異常事態ですよ」と声を潜める。相葉の実家が経営する「チャイナハウス 桂花楼」がいきすぎたグッズ商法で、ジャニーズ事務所との確執を抱えているという情報は何度も報道されているが(既報)、果たして相葉の周辺で一体何が起こっているのだろうか?

「最初に、関係者の間でうわさが立ち始めたのは、相葉が3年間CMを担当していたハウス食品『バーモントカレー』のキャラクターが、今年からHey!Say!JUMPに替わったあたりからです。我々が調査を行ったところ、ハウスは相葉の復活を希望しているにもかかわらず、ジャニーズが絶対にOKを出さない状態ということが判明しました」(芸能プロ社長)

 ジャニーズ側は、Hey!Say!JUMPのプッシュにも力を入れていたが、これには“相葉外し”という思惑もあったということか。また、相葉の降板はこれだけではなかった。

「今年の『世界体操選手権』(フジテレビ系)のナビゲーターを、相葉ではなく体操の田中理恵が担当したんです。こちらも同じく、2009年から相葉がナビゲーターを担当し、本人も『世界体操が自分のライフワークのようになってくれたら』とまで話していました。そして今年も、日本体操協会は相葉を指名していたそうですが、なぜか実現はしなかった。8月に収録した『VS嵐』(同)には、代表選手である田中や内村航平が登場していたため、相葉の2期連続ナビゲーターも確実視されていたのですが……どうやらこれについても、ジャニーズがNGを出したようなんです」(前出・広告代理店関係者)

 スポンサー企業に対して、芸能プロがNGを出す。こんなあり得ないケースが今年だけで2度も続けば、さすがに関係者の間にも不穏な空気が伝わってくる。

「その後も、『日産のCMは、相葉のバージョンだけオンエアされていない』といった情報も飛び交っていましたが、真偽は不明です。ピンの活動を完全に止められているというわけではないのですが、やはり実家に関するジャニーズサイドのいら立ちが、ついには相葉の芸能活動にまで影響を及ぼしているのでしょうか」(前出・社長)

 今年は、ルール違反を続けてきたKAT-TUN・田中聖が、ジャニーズから解雇されるという衝撃的な出来事が起こっている。相葉の場合は田中とは違い、本人ではなく家族の行動が問題視されているようだが、わずかであっても露出の低下はファンの不安へもつながってしまうはず。一連の異変は、ジャニーズから相葉へのペナルティなのか、それとも――。

グッズ売らずにザーサイだけ売ってりゃよかったんだよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー