【売れてるアノ人のリアル視聴率】

初冠番組は民放4位で惨敗! 板野友美、バラエティ需要はなし?

itanotomomi01.jpg
ビューティーコロシアムの司会を目指してっ

 8月末にAKB48を卒業した板野友美のテレビ露出が、徐々に増えてきている。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、8月9日放送)の“板野卒業スペシャル”が、7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、低視聴率を記録したことが話題になった板野だが、卒業後に出演した民放番組の視聴率は、どのような結果が出たのだろうか。

 卒業後、約1カ月は充電期間を置いていた板野だが、9月23日に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演したことを皮切りに、その後もいくつかのバラエティ番組に登場。私服スナップ写真集『板野って、オシャレなの!?~とも↑ついにみせちゃいます~』(講談社)の宣伝で出た『いいとも!』は、祝日ということもあり8.6%で同時間帯トップを獲得していた。

「10月1日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では自宅を公開し、『まるでラブホみたい』と酷評されていましたが、視聴率は前週の5.5%から上昇し、7.5%という民放1位の高成績を残しました。2日と9日に出演した『PON!』(日本テレビ系)も両日とも4%台で、前日より数字が上がっていました」(芸能ライター)

 また今月7日には、初の冠番組『ともちゃん友を呼ぶ!~今ドキ女子バックアップバラエティ』(TBS系)が放送された。ゲスト出演した番組の視聴率ではまずまずの貢献度を発揮したかに思える板野だが、肝心の冠番組の数字は3.4%。午後11時58分スタートの1時間番組だったが、嵐・二宮和也の番組『ニノさんTHEプラチナイト』(日本テレビ系、5.7%)、『ストライクTV』(テレビ朝日系、6.6%)、『ニュースJAPAN』(フジテレビ系、3.5%)に次いで、民放4位となってしまった。

「基本的に板野はしゃべりが得意なタレントではないし、今はAKBを卒業して目新しいからゲストに呼ばれているというのが実情でしょう。ファンならば板野のローテンションキャラを理解していますが、バラエティでは下手をすると“ノリが悪い”という印象を持たれかねない。冠番組は第2弾の放送は未定だそうですが、局としては数字や評判が良ければレギュラー化も視野に入れているでしょう。しかし、初回は成功とは言い難い数字ですし、レギュラー昇格は少々危険な気もします」(芸能プロ関係者)

 このように業界関係者からは手厳しい評価を下されてしまった板野だが、「ソロアーティスト」としても、7月の自身のソロイベントで異例の歌い直しを行い、先日の『めざましライブ』でも曲の歌い出しがわからず2回もやり直しをするという、残念な行動が顰蹙を買っている。

 Twitterでは『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)への出演を報告しており、しばらくはバラエティに登場する機会がありそうだが、テレビ界で後輩の模範となるような活躍ができるのだろうか? 

やっぱアイドルが一番向いてるんだって!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

初冠番組は民放4位で惨敗! 板野友美、バラエティ需要はなし?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AKB48板野友美視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!