深澤真紀の「うまないうーまん」第4回

「女性差別」は悪化してる? 女性を取り巻く「痛い」「こじらせ」の新たなしんどさ

「女性差別」は悪化してる? 女性を取り巻く「痛い」「こじらせ」の新たなしんどさ

 前回の「『同じ女として』『同じ母として』は、女性の多様性を制限する魔の言葉」に、たくさんの反響や質問をいただいたので、今回はそれらにお答えしていきたい。 1.「同じ男」や「同じ父」の場合は「男性の多様性を制限」しないのか?  「同じ女として」「同じ母として」 はよく使われる言葉だが、「同じ男として」や「同じ父として」はあまり使われない。むしろ使われるのは、「男として」「父として」だろう。  つまり、女や母の場合は「同じ存在」として「群れる」ことが重要であり、男や父は、男や父としての「それぞれのあり方」を「競い合う」ことが重要なのだと思う。どちらも面倒くさいとしか言いようがないが……。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「女性差別」は悪化してる? 女性を取り巻く「痛い」「こじらせ」の新たなしんどさのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! うまないうーまんのニュースならサイゾーウーマンへ!