じぇじぇじぇ女優のこれから

能年玲奈、“脱・あま”を阻む、事務所のウザすぎる戦略とは?

amachan_cdr.jpg
『連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック』/ ビクターエンタテインメント

 NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でブレークした能年玲奈が、現在、業界からのバッシングに見舞われているという。『あまちゃん』放送終了後は露出を控え、特にテレビはバラエティに少しだけしか出演していない能年だが、この戦略が災いして窮地に立たされているようだ。

「大ヒット作、特にタレントのイメージを刷新させてしまうような当たり役に恵まれた後の女優は、露出を控える傾向にあります。能年の場合は、しばらくの間『あまちゃん』のイメージしか持たれないし、また露出を出し惜しみすることで、タレントの価値を高める効果もあります。その間は紙媒体やCM、映画など、限られた枠でのみ稼働させるというのが一般的です」(芸能プロ関係者)

 大当たりした後は、消えたと思われない程度に稼働を控える。芸能界では当然の戦略だが、その際に能年の所属プロダクションが提示する条件が問題視されているという。

「これもまた当然の戦略なのかもしれませんが、能年を起用する条件として、同じ事務所の売れないタレントを“抱き合わせ”で使わせようとしてくるんです。いわゆる“バーター”ですね。同事務所は、新垣結衣がブレークした際も、川島海荷を同じようにバーターでゴリ押ししてきた前科があるだけに、今回も各メディアは警戒していますよ。特に最近は、『あまちゃん』の劇中で活躍したベイビーレイズを能年の抱合せでゴリ押ししてくるので、『ウザすぎる』と眉をひそめています」(週刊誌編集者)

 こうして能年への風当たりが強まっているわけだが、さらに困難は続いてしまいそうだ。

「当たり役に恵まれた場合、その後、役から脱却するのは本当に難しい。同じく朝ドラの『純と愛』に出演した夏菜は、その後出演した刑事モノのドラマ『ダブルス』(テレビ朝日系)で、あまりの“キャラ変”が酷評されてしまった。また上野樹里も『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)以降、のだめのイメージから脱却できずにいます」(前出・関係者)

 先日、少女漫画『ホットロード』(集英社)の映画版に主演し、不良少女役を演じることが発表された能年。これが“脱・あま”への第一歩となりそうだが、一連のバーター作戦で「一部出版社では『能年へのオファーは控えよう』という動きさえ出ている」(前出・編集者)ようだ。事務所戦略としてはまっとうだが、その結果、矢面に立たされてしまう能年は、少々気の毒かもしれない。

「マンモスうれぴー」同様、一生「じぇじぇ」って言わされるのかな

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

能年玲奈、“脱・あま”を阻む、事務所のウザすぎる戦略とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 能年玲奈芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!