【ヤリマン肯定主義】第23回(前編)

「洋楽をかけてヤる男は酔ってる」ヤリマンがイケメン20人のセックスを斬る!

kinounoh.jpg
『きのうのH。俺の場合』/主婦の友社

 「コレ一冊でイケメンのHを疑似体験」というキャッチコピーに惹かれて手に取った『きのうのH。俺の場合』(主婦の友社)。なんでも、一般男子の「電気を消す」から「フィニッシュ」までが、顔写真付きで赤裸々に語られているらしいのです。その数、なんと20人!

 これまで数えきれないほどの殿方とお手合わせしてきたヤリマンの筆者ですが、もしかすると自分でも気付かないうちに、男性の好みが偏ってきているかもしれません(ちなみに筆者は生粋のガチムチ好き!)。そう思うと、自分がこれまでお手合わせしたことのないタイプの男性のセックススタンスを知るのも一興! 20人分も載っていれば、新たな発見の1つや2つあるでしょ……というわけで、今回は本書を、ヤリマン視点でレビューしてみたいと思います。

 まずプロフィールには顔写真ほか、初体験を迎えた年齢や経験人数、アソコのサイズが記載されているのですが、その中でも筆者の目を引いたのは「相棒の名前」という項目です。世の男性たちは、普段から自身のチンポに何らかの命名をしているのか、それとも即席で考えたのかは定かではありませんが、仮に前者だったらと思うと、ほくそ笑まずにはいられません。だって私たち女性は、決して自分のオマンコに、「短小クリ子」だの「ビラ長エロ子」だの命名しないじゃないですか!

 話を戻しましょう。本書に登場する男性たちは、「キレイちんこくん」だの「太クン」だの「色黒」だの、各々好き勝手に命名しているようなのですが、その中でも筆者のツボにハマッた名前をベスト3で発表したいと思います。

■第3位「モデル体型」(25歳・不動産業)
 ペニスが控えめな男性にとっては便利な言い回しですね。念のため、アソコのサイズを読むと「15センチ」とのこと。決して控えめではないと思うのですが……。おそらく、細長く華奢なチンポということなのでしょう。

■第2位「馬並み」(26歳・ショップ店員)
 さぞかしデカいのかと思いきや、アソコのサイズは「13センチ」とのこと。がっかりです。この男性には、一度競馬場に行くことをオススメします。牧場でもいいです。馬のチンポって本当に本当にデカいですよ!

■第1位「美チン」(30歳・PR会社勤務)
 前にTwitterのプロフィールに「美チンです」と書いているユーザーを見つけ失笑してしまったことを思い出しました。女性の場合は決して、自身を「美マン」と称することはないかと思うのですが……。

イチモツに対する自己評価の高さたるや

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  9. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  16. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!