ガッキー劣化も話題!

『リーガルハイ』初回21.2%も、視聴率急落の「フジの逆倍返し」を予想する声

legalhigh2.jpg
『リーガルハイ』(フジテレビ系)公式サイトより

 今世紀放送ドラマの中で最高視聴率を獲得し、社会現象にまでなった、堺雅人主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。その興奮冷めやらぬ中、堺主演の『リーガルハイ』第2期(フジテレビ系)が、9日からスタート。初回視聴率21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、視聴者からは「半沢効果だ」との声が上がっている。

「昨年4月から放送された『リーガル・ハイ』第1期の平均視聴率は12.47%でしたから、やはり、『半沢直樹』の視聴者を多く取り込めた結果でしょうね。フジはTBSに頭が上がらないのでは」(芸能ライター)

 フジが7~9月期のドラマで大敗北を喫したのは記憶に新しい。織田裕二が初めての父親役に挑戦した『Oh,My Dad!!』は9.2%、かつての大ヒットのリメイク『ショムニ2013』は10.9%、広末涼子が17年ぶりに主演を務めた『スターマン・この星の恋』は8.5%(いずれも平均視聴率)と、話題作が軒並み低視聴率を記録。そんな中での『リーガルハイ』のロケットスタートに、フジはホッと胸をなで下ろしていると思われるのだが……

「ネット上では『フジの倍返し!』と盛り上がる一方、シビアな意見も噴出しています。『第1期に比べると、面白くなかった』との声、また初回18.3%から最終回7.8%まで数字を落とした『ショムニ2013』を例に出し、『逆倍返しもありうる』と語る人も。ここ数年、ネットユーザーのフジへの嫌悪はどんどん加速する一方で、『フジじゃなかったら、30%は獲れた』なんて声まで出ていますよ」(同)

 また、ヒロインを務める新垣結衣に対しては、「劣化した」などという批判も聞こえてくる。

「『リーガルハイ』の番宣で出演した、朝の情報番組の画像がネット上で話題になっています。太い眉毛と前髪パッツンのおかっぱ頭で、確かに一瞬、『こんな顔だったっけ?』と思いますが、あれは役作りの一環である髪形のせいかと。ネットユーザーからもそう言われています。ここ数年ヒット作に恵まれず、同事務所の能年玲奈が『あまちゃん』(NHK)で大ブレイクしただけに、新垣の『リーガルハイ』に懸ける思いは並々ならぬものでしょうね」(週刊誌記者)

 堺は、『リーガルハイ』のトークイベントで、「銀行員時代に培ったすべてを、この作品で台なしにしたい。前クールの番組を見ていただいた方には、申し訳なく思っていますが」とコメントし、「『半沢直樹』のプレッシャーを感じていない様子」(同)だというが、視聴者の注目度は増すばかり。視聴率20%を維持できるのか、それとも第2話で大暴落してしまうのか? 今後も見守っていきたい。

かつて「パロディされる側」だったフジが、半沢ネタ盛り込みまくり

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『リーガルハイ』初回21.2%も、視聴率急落の「フジの逆倍返し」を予想する声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! リーガルハイ半沢直樹芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!