その他
【ジャニーズ研究会レポート】

原作に忠実な『陰陽屋』、淡々とした世界観と錦戸亮の演技は受け入れられるのか

原作に忠実な『陰陽屋』、淡々とした世界観と錦戸亮の演技は受け入れられるのか

 関ジャニ∞錦戸亮とHey!Say!JUMP知念侑李という異色な組み合わせでジャニーズファンを中心に話題を集めていた、『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』が10月8日に初回を迎えました。同作は、天野頌子による小説『陰陽屋』(ポプラ社)シリーズが原作。占いどころ「陰陽屋」の店主・安倍祥明(錦戸)は、陰陽師姿をしているものの、実は霊感能力ゼロ。元No.1ホストの甘いマスクと女性をキュンとさせる振る舞い、そして歯に衣着せぬ物言いで相談者の悩みを解決するものの、その経歴からか、周囲からは胡散臭い男だと思われています。母親(南野洋子)に引きづられるように「陰陽屋」を訪れた瞬太(知念)も祥明を怪しむものの、祥明は瞬太にとある“能力”を見い出し、理由をつけてアルバイトとして雇います。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

原作に忠実な『陰陽屋』、淡々とした世界観と錦戸亮の演技は受け入れられるのかのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!