"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第192回】

木嶋佳苗の268通の直筆手紙が語る、「殿方に愛される私」の饒舌さ

jisin100808.jpg
「女性自身」10月22日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第192回(10/3~8発売号より)

 またまた新手のネット犯罪(?)が。雑誌梱包のアルバイト男性が発売前の「週刊文春」(文藝春秋)AKB48記事をネットに投稿し、著作権侵害で逮捕されたのだ。同様のことをほかにも数件やっていたらしい。業務上入手した雑誌をネットでアップ。おそらく気軽に、そしてちょっと得意な気持ちでやってしまったのだろうが、バカ画像同様なんとも無知で浅ましい。しかもこの男性は40代。51歳の経産省官僚の匿名暴言が問題になったが、ネットリテラシーは職業や世代は関係ないようで――。

1位「木嶋佳苗から届いた268通の手紙。」(「女性自身」10月22日号)
2位 [大河ドラマ「八重の桜」打ち上げの2本]
「会津藩主役綾野剛 殿“泥酔”で“ご乱行”…『花壇にキック!!』 綾瀬はるか スタッフ感激させた午前7時『笑顔の献身』」(「女性自身」10月22日号)
「綾瀬はるか “綾瀬”コールに『たくさんの愛情をありがとなしぃ~』豪華打ち上げ撮」(「週刊女性」10月22日号)
3位「安藤美姫 スケート連盟理事が非情宣告『ソチには行かせない!!』」(「女性自身」10月22日号)

 いやー、驚き、そして仰天し、感服した。あの連続不審死事件の木嶋佳苗の肉声を「自身」がスクープしたのだ。婚活サイトで木嶋と知り合った複数の男たちが不審死を遂げたことで、当時34歳の木嶋が殺人罪などで逮捕、起訴された。この事件の特異性は、木嶋が結婚詐欺からイメージされる容姿と異なっていたことや、公判でのセックス自慢発言などがマスコミで大きく報じられ、多くの女性が興味を示すなど、ある意味社会現象となったことだろう。木嶋は2012年4月に死刑判決(一審)が下されたが、今年10月17日には控訴審が開かれる予定である。

 筆者は一審の傍聴などを通じ、『木嶋佳苗劇場』(宝島社)なる本を出した。また多くのマスコミ関係者が木嶋と接触を試みたが、死刑判決当日に「朝日新聞」に手記を寄せたのが唯一で、以降木嶋の肉声は途絶えたままだった。そんな中の「自身」記事。堂々のスクープである。すごい! 偉い! 興奮ものだ。何度か手紙を出し、本を差し入れし、接見を試みたがことごとく玉砕した筆者にとっては羨望ものでもある。

 一審判決の昨年4月から手紙や接見を繰り返していたという「自身」。手紙は268通、面会は30回以上だという。なぜ木嶋は並み居るマスコミの中で「自身」を選んだのか!? その疑問は追々取材してみるつもりだが、木嶋が語る(書く)その内容は期待を裏切るものではない。

 まずはマスコミ批判。おそらく内田春菊、北原みのり、そして筆者など「木嶋本」を出版したり発言した女性メディア関係者に対し、「自分を理解していない」「洞察力の弱いフリーライター」「いい加減な傍聴記」「違和感がある」などとジャブを入れる。その矛先は女性一般に対しても向かう。オリジナルで自由な自分(木嶋)を誹謗中傷するのは、女の嫉妬心。自分は常に複数の男と付き合い、そのためにスケジュールが全て埋まってしまい、女友達は作る時間もないし、付き合うつもりもない。女が体形を気にして生きているのはお気の毒で、スリムでない自分はいつもハンサムでお金持ちの男性が傍にいたと言い放つ。さらに有名女性作家との面会を打診されたこと、獄中においても交際や結婚を申し込む熱烈なラブレターが複数の男性から送られてくること、セックスは拒否したことはなく一生分したので満足していること。さらには、包茎の男とは奇跡的に当ったことはなく、性病も移されたことがない、という意味不明の自己アピールが続く。

 そして出ました、名器自慢! 小さい頃から“あそこ”を洗う時に指を入れる(!)という木嶋は<中側にはカリフラワーや数の子みたいな突起があって、絡みつくような膣>で、何万人もの女性の膣を内診してきた産婦人科医と付き合った時には<佳苗ちゃんほどの名器は初めてだ>と言われたらしい。さらにこの医師からの名器賛美の詳細が語られ、1回のセックスで医師から100万円貰ったと高らかに宣言するのだ。ホンマかいな。助けて、岩井志麻子先生!!

 「殿方に愛される私」のアピールの次には女性に対する説教、啓蒙まで始める木嶋。<女性は男性をもっと大切にすべき><優しく接して温かい心で接して差し上げることが女性の役割><(男性からは)お金や物やセックスより、多くの言葉をもらってきた>と。木嶋節炸裂! まるで獄中の愛の伝道師である。

 木嶋本人が語るド迫力の獄中エピソード、人生観、男性観、さまざまな自慢――。そしてさらなる驚きの事実が明かされる。木嶋は1年半をかけて“私小説”を執筆し、既に完成しているというのだ。そこには少女時代からの男性遍歴、セックスの様子までが赤裸々に描かれているという。やってくれるな~、木嶋佳苗。私小説の内容は次号「自身」に紹介されるらしい。近々 “木嶋私小説”書籍も出版されるのも確実だろう。版元は光文社ね。大反響、間違いなし! 控訴審を控え、反撃に打って出た木嶋佳苗と、そんな木嶋をゲットした「自身」の渾身のスクープである。

佳苗に血が騒いでしまう自分が知りたくて、佳苗を見る

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

木嶋佳苗の268通の直筆手紙が語る、「殿方に愛される私」の饒舌さのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!