「今まで一番」は最高の褒め言葉!

ニッキー・ミナージュもテクを大絶賛! ザック・エフロンのヤリチン説が急浮上

ZacEfron.jpg
ヤリチンで、影のあるプレイボーイっていったら松方弘樹路線よ!

 身長157cmと小柄ながらも、バスト86cm、ウエスト66cm、ヒップ114cmという驚異的なスリーサイズを誇る、ラッパーのニッキー・ミナージュ。しばしば、露出度の高い衣装を着て性行為を連想させるようなダンスをする彼女は、乳首だけを隠したトップレス姿を披露することも多く、小悪魔的な存在として知られている。

 これまでニッキーがウワサになった男性は、大物ラッパーのドレイクやリル・ウェイン、ステディな恋人と目されているプロデューサー、サファリー・サミュエルズ。熱愛説について、ドレイクは、「ニッキーとオレは家族みたいなもんなんだよ。彼女のことは全身全霊で愛してるけど、そういう関係になったことなんてねぇよ」と否定。ニッキーは、リル・ウェインとの関係について、「彼はアタシのボスな上にブラザーだっつーの。彼はアタシのことすごく大事に尊敬の意をもって接してくれるわけ。お触りすらなしよ。アタシに指1本、触れようともしないのよっ。彼は紳士なわけ。そこんとこ覚えといてよ」とコメントしており、サファリーとの関係も「ビジネスオンリー」という説が強い。しかし、ニッキーとコラボする男性アーティストたちは、誰もが彼女を舐め回すように見ており、彼女に性的魅力を感じているのは確かな模様。

 今年7月には、コラボ経験のあるDJキャレドからテレビでビデオプロポーズを受けるなど、引く手あまたのニッキー。新作アルバムの宣伝のためだとウワサされたキャレドの求婚はきっぱりとお断りしたようだが、ここにきて、7月はプロポーズどころではなかったという情報が流れ出した。なんと、あの正統派イケメン俳優のザック・エフロンとのセックスがすっぱ抜かれたのだ。

 米タブロイド紙「Star」によると、今年7月、ニッキーはザックをウエスト・ハリウッドの邸宅に連れ込んだとのこと。2人は情熱的な夜を過ごしたそうで、ニッキーは友人に、「今までヤッた男の中で一番気持ちよかったわ!」と打ち明けるなど、ザックを大絶賛したという。

 しかし、2人は一時的にセックスを楽しんだだけで、特別な関係になることはなく、体だけの関係も長続きしなかったとのこと。消息筋は、「ニッキーはザックのことを、とてもセクシーだと気に入っていて、彼となら深い関係になっても構わないとまで思っていたけれど、あの頃のザックは恋人を作るどころじゃなかったしね」と発言。コカイン依存症の更生治療を受けてきたザックにとって、ニッキーとの関係は息抜きのようなものだったというニュアンスで伝えた。

 ディズニーチャンネルの大ヒットテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』シリーズに主演し、好青年のイメージで大ブレイクしたザックは、先月、2年以上にわたりコカイン依存だったこと、今年3月にリハビリ施設に入所し依存症を克服する治療を受けたことを公にして、世間に大きな衝撃を与えたばかり。治療は4月に終了し、以後クリーンだとしていたが、メディアは、ザックがリハビリ施設に2度入所していたと報道。1度目の治療直後に行われた映画『Neighbors』の撮影期間中に再び麻薬に手を出してしまい、撮影に支障を来すしまったため、再度リハビリ施設での治療を受けたと伝えた。2度目の更生には見事成功したそうで、今では、父親と南米ペルーのアンデス山脈に沿う標高2,000m超のマチュピチュ遺跡に行くほど体力が戻ったとTwitterでアピールしており、ファンを安堵させている。

 ザックが2年以上も薬物中毒だったという報道は衝撃的なものだったが、正義感が強い好青年というイメージが強かったため、彼を責めたり悪く書き立てるメディアは少なく、世間も、「7月にヘロインの過剰摂取で急死したコリー・モンティスのようになる前に、克服してくれてよかった」と彼を応援している。しかし、ネット上では、「泥酔する姿がパパラッチされたり、レッドカーペットで“うっかり”コンドームを落としたことがあるだけに、実はかなりの遊び人なのでは」「コンドームを落とした時に、ポケットにまだ入ってるんじゃないかっていう仕草をしたけど、そこら中でやりまくるヤリチンだったのかもしれない。コカインセックスはハマるっていうし」「女性のブラをスピーディに外す早ワザを得意げに披露してたけど、ありゃ、相当やりまくってるな」という、ザックのヤリチン説が流れつつある。

 なお、この報道を耳にしたニッキーは、Twitterで、「ちょっ、ザック・エフロンって一体なに者? ごめんなさい。アタシ、混乱しちゃって」とツイート。彼女のファンが、トップレスのザックの写真を送ったところ、「あっら~ 別に悪いウワサじゃなかったわけね。大爆笑」と反応した。このツイートはすぐに削除されたが、人気俳優のザックを知らないというのは不自然で、ニッキーがファンを煙に巻いたという見方が強い。

 ニッキーとの報道に沈黙を守っているザックだが、ヤリチンなイメージがつきつつあるため、今後、似たようなゴシップが流れる可能性は高そうだ。コカイン依存になったのは、正統派なイメージから抜け出せず悩んでいたからという報道もあるが、この悪いウワサを逆手に取り、翳のあるプレイボーイ俳優として成長してほしいものである。

羽賀研二は「影」じゃなく「ダーク」だから目指さない方がいい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー