向こうのティーンは狂信的すぎる!

INFINITE・エル、ファン離れが加速! 熱愛相手の“したたかさ”に嫌悪感?

infinite-01.jpg
『恋に落ちるとき』/Universal D

 9月26日、韓国のインターネット・ポータルサイトに投稿された話題が、大注目を集めた。「人気男性アイドルグループ・INFINITEのL(エル)とキム・ドヨンの熱愛証拠」と題されたもので、キムがSNSなどにアップしたLへのメッセージと思われる文章や、おそろいの服やアクセサリーを着用している写真が、ずらりと並べられたものである。

 「アイドルは恋愛ご法度」なのは韓国も日本も同じだが、KARAのク・ハラとBEASTのヨン・ジュンヒョンの交際(現在は破局)など、それでも昔に比べたらアイドルの恋愛が認められるようにはなってきた。しかし、INFINITEのLの恋愛スキャンダルは、許されざる行為としてファンに衝撃を与え、ネットが大炎上する騒ぎとなっている。

「これまでLは、『ファンのみんなが僕の恋人』的な発言を繰り返し、日本での活動で韓国を離れる時も『浮気しちゃダメだよ』とファンに訴えていました。それだけ夢を与えてきたのに、突如、年上の彼女の存在を突き付けられた衝撃は大きい。Lはすぐに『僕は誰とも付き合いません。そうだよね、みんな』『誰よりも好きだよ』などと、自身のTwitterでコメントをアップしましたが、ファンはこれを自分たちへのメッセージとは受け取らなかったんです」(K-POPライター)

 というのも、ドヨンとの熱愛が騒がれた26日の前日、Lとドラマで共演した女優が、Lとの2ショット写真をTwitterにアップ。ドヨンに対して、この写真の釈明をしたとファンは理解したのである。このような態度により、ファンの気持ちは離れていき、L個人のファンサイトは次々と閉鎖。その数、18に及んでいる。

「熱愛相手のドヨンが同性ウケするタイプではなかったのも、騒動が大きくなった原因でしょう。1990年生まれの23歳でLより2歳年上。インターネットのショッピングサイトを経営しており、自身でモデルも務めている。顔は整形で非常に人工的、父親が大手出版社の重役でかなりの資産家、自宅も大豪邸です。バラエティ番組に出演した際は、『6年間で消費したチョコレートは1.2トン』と豪語するほどの、謎のチョコ好きキャラをアピール。これだけでも、やっかみの対象となり敵を作りやすそうなのに、彼女があざとく自身のTwitterで、度重ねてLとの交際をほのめかす投稿をするような“したたかな女”だったことで、ファンの反発・嫌悪感はますますひどいことになりました」(同)

 所属事務所・ウリムは、当然のごとく「2人は親しい友人」と発表したが、騒ぎが鎮火する様子は見られない。

「INFINITEは、ウリム初のアイドルグループ。そのため、事務所側にタレント管理や対応に不慣れな点があっても致し方ないでしょう。しかし、INFINITEはウリムの収益の88%以上を占める大事なコンテンツのため、この件を長引かせてファン離れが進み、収益が落ち込むような事態は避けたいはずです。とはいうものの、8月に老舗アイドル事務所のSMエンタテインメントに吸収合併されて、SM傘下の音楽レーベルという立場になったので、経営自体がすぐに危なくなることはない。これを機会に、SMからアイドルの管理法について学ぶべきですね」(同)

 初スキャンダルがグループでもトップの人気を誇るLと、したたかなご令嬢の熱愛だったのは、事務所にとっても災難だろう。ちなみに、東方神起やSHINeeを擁する大手事務所・SMエンタテインメントは、「恋愛するなら、同じ事務所の中で相手を見つけろ。外で相手を作ると厄介だから」というスタンスである。さすが老舗、もっともな話だ。

収益面で頼り過ぎでねぇか?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク