フリーランス・ふなっしーの落とし穴

ふなっしー、『ドクターX』会見に乱入も、取材陣から“黙殺”の憂き目!?

hunassi.jpg
『ふなっしーの本なっしー!!』/富士見書房

 高見沢俊彦プロデュースでCDデビューするまでのブレークを果たした、千葉県船橋市の非公認ゆるキャラ・ふなっしー。そのCDデビュー会見の翌日2日に行われた、米倉涼子主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の製作発表会見にも登場したふなっしーだが、報道陣から大ヒンシュクを買ってしまったという。

ふなっしーは会見終盤、集まった記者からキャストへの質疑応答タイムを遮る形で登場。米倉演じるフリーランス派遣医師との「フリーつながり」で応援に駆け付けたのだという。米倉のほかにも藤木直人、西田敏行、三田佳子、岸部一徳などそうそうたるキャストが揃った会見だったが、「ふなっしー登場の瞬間、キャスト陣はテンションが上がるでもなく呆然といった感じ」(テレビ誌ライター)だったようだ。

「予想以上に冷めた反応に、司会者が『米倉さんが、ふなっしーに興味があるということで……』と切り出したのですが、米倉さんは『違うなっしー』と真顔で即答。周囲は苦笑いでした」(同)

 キャストも戸惑ったふなっしー乱入だったが、さらに戸惑っていたのが取材陣だったとか。

「フォトセッションで、米倉さんと西田さんの間に入ったふなっしーに対し、カメラマンからは『ふなっしー、いらないんだけど』とクレームも。テレ朝側は『ふなっしーなしバージョンでも撮影いただきますので』と、なだめていました」(同)

 サプライズ乱入もむなしく、ふなっしーは完全に“邪魔者”になってしまったようだ。

「記者もふなっしーに時間を費やすよりは、質疑応答の時間を増やしてほしかったようで、不満を訴えていました。会見後、テレ朝側が米倉さんに、高視聴率を記録した『半沢直樹』(TBS系)に対するコメントをもらったようで、スポーツ紙はそれを元に記事を書いていました」(ワイドショースタッフ)

 翌日のスポーツ紙の紙面には、ふなっしーの「ふ」の字もなければ、写真もなし。前日のCDデビュー会見は、そこそこ記事になっていたふなっしーだが、今後はフリーランスといえど、そろそろ仕事を選ぶということも覚えた方がいいのかもしれない。

ふなっしーのキャリアプランに物申す

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー