Hage田ゲス子セレクト「渡る世間は鬼女ばかり」

離婚から復縁できるパターン、できないパターンはどう違う?

hagex-fukuen-mini.jpg
復縁したからって、幸福のまっすぐな道が続いてるとは限らない

――玉石混交のネットの海で、下衆なエピソードだけを収集・観察する奇跡のヲチャーHagex。彼がセレクトした、某橋田壽賀子ドラマよろしく、読むとゲッソリする……いや人生のトラブルシューティングとしてためになるエピソードを紹介。

 いま、1組のカップルに注目が集まっています。それはPUFFY・吉村由美と、T.M.Revolutionの西川貴教。2人は1999年4月に結婚するも、3年後の2002年7月に離婚。原因は「性格の不一致」。吉村は09年12月に7年来の友人である男性と再婚し、12年8月には第一子となる男の子を出産。しかし当時すでに2人の仲は冷え切っており、出産直前に別居。現在も2人は離れて暮らしているようです。

 そんな吉村の新たな男性として、なんと元夫の西川の名前が上がってます。9月21日、22日に西川が主催した『イナズマロック フェス』にPUFFYが出演し、2人が急接近。男女として復活するのではないか? と「女性セブン」(小学館)が報じています。小さい子どもを抱えて女1人で生活していたら、金銭的な余裕はあってもなにかと不安でしょう。もし西川が本気で復縁を望んでいるのであれば、簡単に実現しそうな気配です。

 さて、今回取り上げるテーマは「復縁」。この連載ではさんざん「離縁」がらみのネタは取り上げましたが、復縁ネタはとりあげていませんでした。たまには、「失った愛を取り戻せる」といったストーリーも見てみたいですよね。

<夫の愛人よりも、姑の方が問題>
「ただ聞いて欲しいの!」「ハイ聞きましょう」299
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1359489588/

 夫の愛人に子どもができたため、離婚して早6年。愛人が妊娠した際に、元姑は投稿者に対して「慰謝料は免除してやるからさっさと出て行け!」とトンデモ発言を放ち、その恨みは今でも忘れていないという投稿者。弁護士を入れて慰謝料を請求したら、「そんな馬鹿な!」と驚くほどの世間知らずなのです。

 その元姑から突然電話がかかってきました。内容はなんと「戻ってこい」。どうやら愛人の産んだ子が元夫の子どもではないことが判明。息子の子どもが欲しい元姑は、元嫁と復縁して子どもを作れと命令してきます。頭にきたので、「おかけになった電話番号は現在使われておりません」と呟き続け、電話を切った後はすぐに着信拒否を行いました。

<自分が離婚原因とわかってないパターン>
【enemy】真のエネミーは義実家ではなく配偶者258【敵】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1338825320/
【トリ付け必須】ロミオメール49通目【トリ無しスルー】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1337956290/

 元夫24歳、報告者が20歳の時に結婚。舅・姑・小姑はとてもいい人たちで、義実家からのいじめもありませんでした。しかし、結婚してから1年後に夫が「父と母と同居する」と突然宣言。その理由を聞いてみると、「長男だから」と答えるだけ。舅姑に尋ねてみても同居は希望しておらず、完全に夫が暴走モードに入っていることが判明します。あまりにも「同居を」を繰り返すため、報告者がノイローゼになってダウンし、実家に帰ります。その後、体調がよくなる投稿者でしたが、夫は離婚を要求してきたので、財産分与なし、慰謝料を受け取ることで合意。その後、報告者は違う男性と結婚し、子どもを1人もうけます。

 それから時がたち、幸せに暮らしていましたが、なんと実家に元夫から手紙が届いていました。中を見てみると、「なぜオレを迎えに来ないのか? 離婚届を渡したけど、提出してないよね」といった文が書かれており驚愕。拒否したいが、実家の住所を知られているため、とりあえず放置することに決定しました。

生理的に無理って思ったら、もう無理

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク