その信念はごもっともです

堺雅人、『半沢直樹』ブームに浮かない顔!? 「プライベート詮索に大クレーム」

sakaimasato-011.jpg
すんません、そんなネタでオマンマ食べさせていただいてます!

 第9話の最高瞬間視聴率は40.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、平均視聴率でも35.9%をマークするなど、大ブームとなっているドラマ『半沢直樹』(TBS系)。ドラマは今週末の放送で最終回を迎えるが、原作となる池井戸潤の小説、通称「半沢直樹シリーズ」は累計210万部を突破するなど、半沢効果はテレビだけに留まらない。しかし、その人気の立役者である主演の堺雅人だけは、現在のブームに浮かない顔をしているという。

「劇団で培った演技力と仕事に対するストイックぶりで業界では引っ張りだこだった堺ですが、本人が秘密主義なので、これまでプライベートはあまり明かされてこなかった。しかし、今年4月に菅野美穂と結婚、さらに『半沢直樹』でのブレイクにより、週刊誌がこぞって堺のプライベートに関する特集を組んでいる。それが不満のようなのです」(テレビ局社員)

 そうした特集の大半も、堺雅人の演技に対する真摯な姿勢ぶりや嫁・菅野美穂との心温まるエピソードのため、むしろ好感度がアップしそうなものだが……。

「堺は、『いろんな役を演じる役者は本人のキャラクターを前面に出すべきではない』という考えのため、内容というよりも私生活を暴かれること自体に腹が立っているようです。そうした特集を組んだ雑誌の中には、所属する田辺エージェンシーからクレームが届いたところもあるそうです。堺も週刊誌には警戒していて、先日行われた『半沢直樹』の打ち上げでは、マスコミを回避するため裏口から入るほど」(週刊誌記者)

 10月からも主演ドラマ『リーガル・ハイ2』(フジテレビ系)が控えている堺。前作も「第50回ギャラクシー賞」でテレビ部門、個人賞など賞を総ナメにしただけに、今作も話題になることは必至だ。人気と比例してプライベートにも注目が集まるのは芸能人の定めともいえるが、堺の苦悩はまだまだ続きそうだ。

共存、共栄していきましょうや

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

堺雅人、『半沢直樹』ブームに浮かない顔!? 「プライベート詮索に大クレーム」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 半沢直樹堺雅人のニュースならサイゾーウーマンへ!