その他
「顔相学で見る、あの人のホントノトコロ」第60回

AKBじゃんけん大会大予想!本命は渡辺麻友、対抗はHKT宮脇咲良&朝長美桜!?

【ハピズムより】

akb2013senkyo.jpg
あっちゃんも参加しちゃえばいいのに(撮影:岡崎隆生)

 いよいよ本日9月18日、日本武道館で開催される「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」。4回目になる今年は、チケット先行予約で「予想をはるかに上回る約8万人」の応募が殺到したため、急きょ“推しメンを直接見ることができない”「禁断席(モニター観覧席)」が設置されるほどの人気ぶり。昨年優勝した島崎遥香のような、ニューヒロインは誕生するのか? 顔相から大予想してみよう。

 今年も昨年同様『AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック2013』(光文社)の写真を元に「運のよし悪し」「無心かどうか」の2つを顔から読みとって予想するが、今年は「AKB総選挙」で1位になった指原莉乃がHKT48の予備選で敗退したため不参加。また、篠田麻里子や板野友美が卒業したことで、参加者の顔ぶれが大きく変わった。公式ガイドブックの表紙にも異変があり、昨年は10人の人気メンバーが飾っていたというのに、今年の表紙は3人に。センターに大島優子で、サイドに渡辺麻友と島崎遥香が並んでいる。

 表紙の写真を見ると、大島と島崎の2人は頬から目元が突っ張っていて、ちょっと引きつったような顔をしているが、渡辺は今年の「総選挙」前に評価していた時と同じように「目の輝き」「顔の色艶」がよく、運のいい顔をしている。リラックスした笑顔で「気負い」も感じられ……

続きを読む>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク