ヘイヘイ滑ってるよ~!

離婚危機で食いつなぐ鈴木Q太郎、夫婦関係修復の救世主は高橋愛!?

takahashiai.jpg
『Love Love Love』/アップフロントワークス(ゼティマ)

 最近、夫婦の不仲ネタでバラエティ番組に出まくっている、ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎。離婚まで秒読みかとの声も聞こえる中、「某芸能人カップルが、Q太郎夫婦の窮地を救うかもしれない」(お笑い業界関係者)と、業界内でうわさされているという。

 Q太郎と6歳年下の一般人女性・Aさんが結婚したのは、今から3年前のこと。

「お嬢さま育ちのAさんが、Q太郎に一目ぼれ。猛アタックをかけて交際に発展しました。当時、芸人としては食べていけてなかったQ太郎をAさんが献身的に支え、2010年8月に晴れて結婚しました」(同)

 しかし7月、テレビでQ太郎が「別居」を告白。「Q太郎夫婦破綻寸前」とメディアに取り上げられることになった。

「Q太郎夫妻の仲がぎくしゃくしだしたきっかけは、Q太郎自身にあります。芸人としてある程度仕事をこなしているのに、『稼ぎが少ないから』と家計にお金をまったく回していないんだとか。見かねたAさんは、実家のある湘南に6LDKの新築一軒家を購入。平日に東京・五反田の自宅でQ太郎と“同居”し、週末は“自宅”の湘南に帰っているそうです」(芸能ライター)

このまま離婚一直線に思えるQ太郎夫妻だが、実はある芸能人カップルが、「2人の仲を取り持つ救世主となるのでは」と言われているという。

「あべこうじと元モーニング娘。の高橋愛です。そもそもQ太郎夫妻は、あべが所属するフラグフットボールクラブのチームメート同士。そこで交際に発展し、結婚までこぎつけました。いわば2人にとって、あべは恩人でもあるわけです。普段はケンカも多い2人ですが、ことあべと高橋の交際には全面協力の姿勢を見せ、一緒にあべの相談に乗っている様子。『あべと高橋の恋を成就させたい』という同じ目標を持つことで、Q太郎夫婦の仲も修復できるのではと、周囲の人々は期待しています」(同)

 離婚危機ネタで小金を稼げるのも一時のこと。Q太郎自身、早く夫婦関係修復のために尽力すべきかもしれない。

結婚した時も騒がれなかったんだから、いわんや離婚をや

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!