[女性誌速攻レビュー]「日経ウーマン」10月号

「笑顔」と「自信」でOK? 「日経ウーマン」産後の職場復帰方法に疑問

nikkeiwoman201310.jpg
「日経ウーマン」2013年10月号/日経BP社

 「日経ウーマン」10月号(日経BP社)の大特集は「マネー美人のテク満載!『貯まる財布』のすべて」。『一瞬で、金運がアップする!財布の習慣』(学研パブリッシング)の著者・行動習慣マイスター(?)の佐藤伝さんは、オーダーメイドのオリジナル財布を愛用中。真っ赤な裏地には彼の好きな言葉であるという「なんとなくイイ気分」の文字が隙間なくぎっしりとプリントされていました。独創的すぎてちょっと真似できません!

 一人暮らし・月収10万円台にもかかわらず、通信費2,000円・交際費4,000円に抑えて1,000万円の貯蓄を達成した26歳の女性は、サマンサタバサの勝負財布はここぞという時以外使用せず、日頃はノーブランドの財布2つを使い分けているそうです。うーん。中身の入れ替えが面倒くさそうです。

 まあそんな財布特集は置いておいて、今回は、読者投稿コーナーと、もう1つの特集「『産んで働き続ける』ための新ルール」を中心に見ていきたいと思います。

<トピック>
◎マネー美人のテク満載!『貯まる財布』のすべて
◎「『産んで働き続ける』ための新ルール」
◎いま注目の資格&習い事

■炎上必死!? 「妊婦なのに座席を譲ってもらえない」問題

 「日経ウーマン」の名物コーナー「WOMAN’S TALK」で取り上げられる読者投稿には、毎月、珍妙なものがいくつかまぎれ込んでいます。今月気になったのは以下の2つの投稿です。

 「私の周囲の友人たちは、結婚相手に“経済力”を求めるタイプばかり。一方、私の彼はアパレル系のベンチャー企業で働いています。彼は仕事が大好きでやりがいを感じているようですが、収入はとても低く、不安定です。正直、そんな彼のことを少し引け目に思っていたところもありました。」という27歳広告・デザイン業の方からの投稿。収入が全てではないけれど、周りの価値観に引きずられて不安になることもあるよね……と共感しつつ読んでいたのもつかの間、「ところが最近、彼の会社のアパレルブランドが大手百貨店に出店することになりました。その結果、彼の収入もぐんとアップしたんです。彼を信じて、応援していてよかったと思いました。」とのこと。「結婚相手に“経済力”を求めているのは友人じゃなくておまえじゃん!!」とつっこんでしまいました。

笑顔もなくなるわ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー