土屋アンナ、穂のか……

チケットノルマ、突然の降板! ブラックな「舞台業界」で一人勝ちなアノ肩書

annatsuchiya.jpg
『アンナ流 親子ゲンカはガチでいけ!』/河出書房新社

 土屋アンナ、穂のか、天海祐希……今年、何かとトラブルが多い「舞台公演」。日本を代表する演出家・宮本亜門が相次ぐ舞台中止騒動に苦言を呈したことも話題になるなど、異常事態が続いている。「どの舞台が今後トラブルを起こすのか、舞台関係者は不安を吐露しています」(舞台製作関係者)という。

「穂のかは体調不良で、天海も心筋梗塞により、舞台を降板。土屋は、舞台の原案者と製作サイドと3者間でトラブルとなり、訴訟にまで発展しました。不況下でテレビや映画の仕事が減り、演技でお金を稼ぐ場所が少なくなっている中、舞台は役者の命綱と言っても過言ではない。もちろんギャラは少ないですが、演技で金を稼げる“貴重な働き場”となっています」(芸能関係者)

 だが、土屋の一件で明るみになったように、舞台はチケットが売れなければ赤字をカバーできないシビアな一面も。基本的に、ある程度チケットが売れる見込みを立てて、予算を組むことが多く、予想よりもチケットがさばけないと、「金銭的にかなり厳しい状況になる」(舞台関係者)という。

「そのため、役者にまでチケットを売るノルマが課せられるわけです。最近では、そのハードルも高くなっています」(同)

もちろん役者だけでなく、舞台制作関係者も必死だ。チケットをさばける役者をキャスティングするために、奔走しているという。そんな中、トラブル続きの舞台公演に、ある肩書を持つ役者が今、意外な形で「重宝」されているというのだ。

「今、舞台制作関係者が必死で探しているのは、『宝塚出身』という肩書を持つ女優です。世間一般の知名度はまったく関係なく、そこそこ演技のできる『宝塚出身』女優が最も歓迎されています。なぜなら宝塚の女優には、コアなファンがついている人が多いので、一定のチケット収入を見込めるというわけです。最近は、3番手以内に宝塚出身女優がしょっちゅう起用されるようになりましたね。女優にとっては3番手以内の役をゲットでき、制作サイドはある程度チケット収入が読める。お互いいいことだらけなんです」(芸能関係者)

 「宝塚」のブランドは、不況下であるほど力を発揮するものなのかもしれない。

ヅカファンのお姉様方が業界を救う……!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!