「黙っていれば美人」も通用しなくなる?

「梨花に見える」「老けた」藤井リナ劣化で、“命綱”の女性ファンも失望?

fujiirinarekka.jpg
藤井リナオフィシャルブログより

 大手芸能事務所・スターダストプロモーションから独立し、個人事務所から再スタートを切った藤井リナ。今月には『東京ガールズコレクション』に出演するなど、変わらず精力的に芸能活動を行っている。ところが、独立に際してリニューアルオープンしたオフィシャルブログにアップされた写真が、「まるで別人」と話題になっているのだ。

 問題の写真は、「新たなスタート」として今月10日に初投稿された記事に掲載されたもの。

「顔の線がかなりやせ細っており、顔全体が間延びしていたのでショックでした。ネット上でも『老けてない?』『梨花に見える』などと、散々な言われようです。リナは、ビジュアル維持のために、厳しい食事制限や運動をするタイプではありません。そういう自然体なところが好きだったんですが、あの写真を見て、さすがに危機感を持った方が……と思ってしまいました」(熱心な藤井リナファン)

 奔放な異性交友や“駐禁バックレ騒動”など、ブラックなプライベートが度々報じられてきた藤井。それでもモデル業が順調なのは、「女性の根強いファンから『ルックスは完璧』とその実力を認められてきたから」(広告代理店関係者)だという。

「藤井リナと同じタイプなのは、佐々木希。どんなにバラエティで浮いていたり、演技が大根だったとしても、ビジュアルの美しさから根強いファンの支持を得てきました。夜の街で遊び歩いていたり、業界ではタブー視されているジャニーズの嵐・二宮和也との2ショット写真が流出した際も、オファーがなくなるということもありませんでした。」(同)

 かねてから業界内でも「最大の武器は、その美貌による同年代女性の圧倒的な支持」(同)といわれてきた藤井。しかし、唯一無二の武器であった“美貌”で勝負ができなくなってしまえば、大手事務所を離れた現在の藤井にとっては痛恨の極みだろう。さらには独立に関しても、さまざまな不穏なうわさが聞こえてくる。

「独立報道後すぐに『結婚』と報じられたのは、後ろ足で砂をかけられた前事務所による“報復”といわれています。さらに独立にあたっては、藤井と親交が深かった元関東連合関係者も関わっているようで、今後は黒い情報がさらに噴出する可能性が高いです」(週刊誌記者)

 結婚を否定した際には、「これからもお仕事がんばりますので応援よろしくお願いします」とブログにつづった藤井だったが、独立後の先行きに早くも暗雲が立ち込めてしまったようだ。今後、ファン離れが加速してしまわないことを祈りたい。

さりげなく梨花ディス入ってるよね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー