白熱するカニエvsレイ

ディスへのお礼参り!? K・ウェスト、恋人を嘲笑したレイ・ジェイを生放送で侮辱

KanyeWest01.jpg
「カニエにが来たらとにもかくにもクロワッサンを出せ!」フランス料理店の鉄則だわ

 大学生時代に才能を見いだしてくれたロッカフェラ・レコードと契約を結び、音楽プロデューサーとしてキャリアをスタートさせた人気歌手のカニエ・ウェスト。居眠り運転で大事故を起こしたものの、九死に一生を得てラッパーとして復活。「オレの命は神によって救われた」と公言している彼は、次第に自分自身をイエス・キリストと重ね合わせるようになり、今年6月にリリースしたアルバムのタイトルは、カニエのニックネームである「Yeezy」(イージー)と、イエス・キリストの「Jesus」(ジーザス)を組み合わせた『Yeezus』(イーザス)に決定。「オレは神だ」と繰り返し発言するようになり、“勘違いも甚だしい超絶ナルシスト男”とバッシングされるようになった。

 しかし、神だと偉そうに名乗っているわりには器が小さく、ギャグかと思うようなことばかり歌っており、『Yeezus』に収録された、「I Am A God(オレは神だ)」という曲の、「オイ、フランス料理屋、さっさとクロワッサン持ってこいよ!」というくだりは、ネット上で「神がクロワッサンにブチ切れてる!」と最高の笑いのネタとなった。7月に、空港のパパラッチにキレて襲いかかったニュースが流れた時も、「神なのに怒りの沸点が低い」と嘲笑されるハメに。ファンは「完璧じゃないところがいい」と擁護しているが、短気な性格は生まれつきのもので、そう簡単には直らないのかもしれない。

 そんなカニエだが、今年4月に人気歌手のレイ・ジェイがカニエと交際相手キム・カーダシアンをネタにした曲「I Hit It First」を公開した時はなんのリアクションも起こさず、無視することで事態を収拾させたのかと思われていた。しかし、今月9日深夜に出演したテレビ番組で、なんの前触れもなくレイへの怒りをあらわにし、話題を集めている。

 カニエがレイをディスったのは、9日深夜に全米生放送された人気トークバラエティ番組『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』。10月19日から始まる『ザ・イーザス・ツアー』のプロモーションを兼ねて、番組にサプライズ出演したカニエは、アルバム『Yeezus』の収録曲「Bound 2」を披露した。

 マイクを握り締め、リズムをとりながら、曲の冒頭でいきなり「ブランディの弟でレイムなダサ野郎は今、痛感してるだろうよ/ホンモノのブラザーに押さえつけられたら、溺れ死ぬしかないってことをよ」とラップをしたのだ。

 「Bound 2」の本当の出だしは、「レイムなダサいニガーたちは今、痛感してるだろうよ/ホンモノのニガーに押さえつけられたら、溺れ死ぬしかないってことをよ」であり、カニエは、「レイムなダサいニガー」を、「ブランディの弟でレイムなダサ野郎」にすり替えたのだ。「ブランディ」とは、国民的コメディ番組『モエシャ』(1996~2001)に主演していたR&B歌手のブランディのことであり、レイとは仲良し姉弟であることで有名。「ブランディの弟=レイ・ジェイ」ということは、ほとんどのアメリカ人が認識している。なお、放送禁止用語である「ニガー」は、テレビでは「野郎」や「ブラザー」に置き換えられている。

 レイが4月に公開した「I Hit It First」は、レイとのセックステープで一躍スターダムにのし上がったキム・カーダシアンのことを歌った曲であり、「オレが先に彼女とヤッたんだぜ」「ベイビーはウェストに行っちまったけど/オレのベッドにいるのがお似合いさ」と歌っており、レイがカニエをディスったと世間を騒然とさせた。

 その後も、レイは、パパラッチからキムとのセックステープをまねた作品が出ることについて聞かれた際、「そんなことより、大学に行って勉強しろよ」と大学を中退したカニエをさりげなくディスるような発言をしたり、カニエのようにパパラッチに襲いかかるそぶりをして笑ったり、挑発めいた言動が目立っていた。キムとの娘が無事に生まれ、新作アルバムも大ヒットし、ツアーの日程も整い、心身ともに余裕ができたカニエは、うるさいレイに釘を刺す意味で今回怒りをぶちまけたのかもしれない。ネット上では、「そんなオンナと付き合ってるんだから、仕方ないだろう」「いまさら?」「あほらしい」とあきれ果てた声が飛び交っている。

 なにかと笑い者にされているカニエだが、『Yeezus』は発売初週で32万7,000枚を売り上げており、米ビルボード・アルバム・チャートでも初登場1位を獲得するなど、素晴らしい記録を作っている。しかも今回で6作連続の1位獲得となっており、「オレは神だ」と言いたくなるのもわかるような大ヒットだ。

 男同士のマッチョな戦いにあきれる声も多いが、ナル男のカニエとスタイリッシュなレイがどのような醜いディスり合いを見せるのか、密かに楽しみにしているファンは少なくないようだ。

キリストもなにかといえば「パンとブドウ酒を」って言うしね!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー