「元AKB」の出世頭だったのに

元AKB48・小野恵令奈、「ハグ会」に続き、後輩にドラマ主題歌を奪われる転落ぶり

erepyoncd.jpg
『ERENA(初回限定盤A)』/ワーナーミュージック・ジャパン

 篠田麻里子、板野友美ら人気選抜メンバーの脱退が相次いでいるAKB48だが、卒業後の芸能活動については不安の声がささやかれる。過去の卒業生の中には、芸能界を去ったメンバーや、他事務所で再出発するメンバーなどさまざまだが、「グループ在籍中と比べ、どうしても見劣りしてしまう」(週刊誌記者)という意見が絶えない。

そんな中、2010年に卒業した小野恵令奈は、「日本レコード大賞」受賞など、卒業後も華々しい活動を続けてきた“異色”の卒業生。しかし最近、業界関係者の間では「すっかり落ちぶれた」と話題になっているようだ。

 小野は2010年、グループの卒業と海外留学を発表。その後はブログが削除されるなど物議を醸したが、約1年後に所属の太田プロダクションからレプロエンタテインメントに移籍し、ソロアーティストとして活動を再開した。

「表向きには女優業の勉強のための留学となっていますが、一時日本を離れていたのも、全ては“謹慎”のためだというのは、ファンの間でも有名な話です。小野はビジュアル系バンドメンバーらとの夜遊びが運営側から問題視され、表舞台から遠ざけられていました。また留学中だったはずなのに、きゃりーぱみゅぱみゅが小野とのツーショットプリクラをブログにアップし、炎上したこともありましたね」(同)

 小野の復帰は、同じ事務所の後輩ユニット・9nineのイベントに、サプライズゲストとして登場するというものだった。翌12年にはドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)の主題歌を担当し、年末の「日本レコード大賞」では新人賞を受賞している。

「ところが今年10月から放送される同作の主題歌は、小野ではなく9nineが担当することに。6月に発売したファーストアルバム『ERENA』は、オリコン初登場16位、初動は4,500枚程度でしたし、はずされても仕方ないですね。そして小野の最近の活動といえば、ファンと抱き合いながら写真を撮る『ハグ会』がネット上で話題になっていました。地下アイドルのイベントならまだしも、元AKBという看板もある全国区のアイドルがファンとハグというのも、少々悲しいところです」(同)

 この件に関しては、アンチが小野のTwitterに「完全風俗じゃん」などと突撃する事態にまで発展していた。

「結局大手プロに所属していることはそれなりの強みにはなりますが、小野に関しては、いつまでもパッとしない大島麻衣なんかと、同じような道を歩むことになってしまいそうですね。いつの間にか、芸能界から消える可能性も」(同)

 相次ぐ卒業を発表する人気メンバーたちも、ほとんどが大手プロに所属している。この中には、彼女たちのように落ちぶれず、第一線で活躍を続けることができるメンバーが、果たしてどれほど存在するのだろうか?

それよりも何よりも、えれぴょんの顔ってこんなだっけ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー