「放送事故、板野ワキ毛事件、バイオリニスト炎上……」ジャニーズとAKB48ばかりの『火曜曲!』が遺したもの

kayoukyoku0904.JPG
TBS『火曜曲!』公式サイトより

【日刊サイゾーより】

 SMAPの中居正広、江角マキコ、AKB48がレギュラー出演した『火曜曲!』(TBS系)が、3日放送の「2時間生ライブスペシャル」で終了。最終回の平均視聴率は6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)であった。

 同番組は、「TBSが満を持して、ゴールデン・タイムで音楽番組を始めます」という煽り文句で昨年4月に始まった“音楽ライブバラエティー”。MCのトークを中心に、毎回3~4組のアーティストがライブを披露していた。

 AKB48とジャニーズに偏った構成となっており、昨年のレコード大賞前には連覇を狙っていたAKBのためかレコ大特集が組まれたほか、板野友美の卒業ライブの生中継や、SMAPのコンサートの舞台裏を放送するなど、双方に旨味のある内容となっていたようだ。

 しかし、視聴率は安定せず、放送からわずか2カ月で4.6%を記録。テレビ東京にも負け……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク