[TVツッコミ道場]

ギャグを要求され続けたCOWCOW、死屍累々の『徹子の部屋』出演

cowcow.jpg
『COWCOWコントライブ 1』(よしもとアール・アンド・シー)

 8月26日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。ゲストはCOWCOW。多田健二と山田與志、それぞれのギャグが人気で、なんといっても昨年、「あたりまえ体操」が大人気になったコンビだ。

 とはいえ、『徹子の部屋』と一発ギャグ系の芸人の相性は、すこぶる悪い。持ちギャグを散々やらされた挙げ句、「わかりました」と徹子に放たれ爆死パターンになった過去の事例、多数。その一方で、シンプルなわかりやすさが徹子にハマリまくるパターンもある。今回はどのケースなのか。あるいは、ギャグとは全然関係なく、多田の顔に興味を持ったりするパターンも考えられる。

 見る前に余計な心配をあれこれしてしまったが、どんなやり取りが繰り広げられるのだろうか。オープニングの紹介の時点で、「笑わせていただきまーす」と言う徹子。これは、アレコレやらされるコースだ。ひとしきり2人の紹介が終わったところで、

「今日はなんかあの、面白いことやってって言うと、なんでもやってくれるんだって」

 と、ど真ん中に放り込んできた。だが、まずはワンクッション置いて、VTRで「あたりまえ体操」を観賞。<♪右足を出して左足出すと……歩ける!>徹子、ワイプ画面で「……おう」。謎のリアクションだ。<♪両足の膝を一緒に曲げると……座れる!>「……ええ……なるほど」。微妙なのか? VTR明けにアップで映された徹子が、「お願いですから、映さないでよアタシを」と照れ笑いしたのがまた、これは微妙か? と心配を募らせる。

 さて今回、COWCOWは徹子ネタの「あたりまえ体操」を考えてきたということで、披露すべく準備に向かった多田が「ヒャヒャヒャ」と笑った。すると徹子、

「今のアナタの笑い声が一番面白かった」
 
 やっぱりVTRは微妙だったのか。さて、徹子の「あたりまえ体操」は……<徹子の部屋のゲストに競走馬を呼ぼうとした……ひく!><ゲストがイケメンだと肌の露出度高い……ひく!>。オチが「ひく」ってどうなんだ。<徹子さんはいつもノーブラノーパン……ひく!>。さて、徹子の反応はといえば、「ほおおお~~」という声を漏らし、

「ひいてんのは、アナタ方がひいてんの? それとも誰、普通の人がひくの?」

 と、ネタに対する質問。

「一応、こっち(山田)がまあ、世間というか……」(多田)
「世間代表で、ひかせていただきました」(山田)

 と、説明するが、まあ、微妙な空気だ。空気を変えたい。「ここでちょっとじゃあ、一発っていうの?」と、ギャグをご所望する徹子。多田が、箱に入った50音が書かれたボールを引き、その文字から始まるギャグを披露するという。

「あら面白そう! そういうの大好きアタシ」

 徹子、ノッてきた。イケるか? 最初に引いたボールは、「の」。

「飲み過ぎロケット発射。3、2、1、ゲロ! ……オエエエエ」
「……お食事中の方が」

 いきなり汚かった。気を取り直して、「へ」。

「ヘーイヘイヘイ、笑瓶!」

 鉄板のギャグ、出た! すると、

「あっそっくり! これはアタシ、ビックリした」

 よかった、好評だ。

人柄評価って、ホントの最終手段だからね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー