全米イチの嫌われ者の自覚ナシ!

浮気が報じられたグウィネス・パルトローの良妻アピールに、アンチはゲンナリ

GwynethPaltrow02.jpg
結構な失言マシーンなのよね!

 父親はプロデューサー、母親は大女優、弟は映画監督でいとこも女優という、演劇一家出身のお嬢様女優であるグウィネス・パルトロー。多くの女性が憧れる美しいナチュラル・ブロンドヘアーに、エレガントな雰囲気、2人の子持ちとは思えないほどスレンダーな体形を持つ、“完璧すぎる女”という印象が強い。育ちが良いためか、「私は私。年収2万5,000ドル(約250万円)のような人になろうとしても無理」「赤ん坊がいるママだって、エクササイズする時間は見つけられるわ。努力しないだけでしょ」「子どもにインスタントのスープを飲ませるくらいなら死ぬわ」「パーティーで泥酔する人って最低。私の友人はみんな良識ある大人だから、泥酔することなんてないわ」などの大胆発言で数多くのアンチを生み出し、ここ数年、激しいバッシングを受けている。

 英ロックバンド「コールドプレイ」のボーカル、クリス・マーティンとできちゃった結婚をし、今年で10年目を迎えるグウィネスは、事あるごとに円満な結婚生活をアピールしてきた。しかし今月中旬、米ゴシップ誌が、グウィネスが浮気していると報じた。

 グウィネスは数カ月前、人気雑誌「ヴァニティ・フェア」が彼女に関する特集記事を9月号に掲載することと、その内容を知り激怒。家族やセレブの友人らに電話し、「今後、『ヴァニティ・フェア』の取材は一切受けないで」とまくし立てたと報じられた。あまりの怒りっぷりにひるんだのか、「ヴァニティ・フェア」9月号にグウィネスの特集は掲載されなかったのだが、彼女をそこまで激怒させた記事の内容は何だったのかと、さまざまな臆測が流れた。

 このことについて、米大手ゴシップ誌「Star」は、グウィネスが「ヴァニティ・フェア」に対して激怒したのは、文学界で名が知られる、とある男性との関係についての暴露記事を掲載されそうになったからだと報道。「火のないところに煙は立たない。今回は煙がモウモウと立ち上がっている。グウィネスは確実に、そして必死に事実を隠したがっているのだ」と伝えた。「Star」は、クリスもこのことを知っており2人は夫婦の危機を迎えていると報道、アンチを興奮させたのだが、この報道をあざわらうかのようなグウィネスのインタビューが、このたび公開された。

 ファッションサイト「Refinery29」のインタビューに応じたグウィネスは、ちょっとのことでは揺るがない“固い決心”という意味の「コミット」という言葉を使い、婚姻関係や事実婚関係を分析。

 「どのカップルも、それぞれ違うもの。それゆえ、それぞれが違ったチャレンジに直面することになるのよね。私は、寛大に許し、または寛大に許してもらえる人でありたいと思いたいの。でも、そういう経験をしたことが少ないから、率直に答えられないわ」と、菩薩のような寛大な女性であることをアピールしつつコメント。

 続けて、「私は、極端なまでに寛容で柔軟な考えを持つ人なの。だから、もし自分がよくない状況に陥りそうになっていると確信しても、そのことで彼との関係を探求することを思いとどまるなんてしないわ」と意味深な言葉を述べ、「私が、自分の知らないところでなにかよくないことが起こっていたと知ってしまった妻の立場に置かれたら……とても苦しむと思う。きっと、わたしの人生はなんだろうと考えるんでしょうね。いろいろなことを困難にさせるでしょうけど、すぐに誠実な気持ちを見せ、正直になれば、大丈夫だと信じているわ」と言い、もしクリスが浮気や不倫をしても許し、夫婦の絆を深めていくことを宣言した。

アンより嫌われてるんだって!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク