みのもんた不在も『朝ズバッ!』視聴率は変わらず……高まる「みの不要論」

mino0906.JPG
TBS『みのもんたの朝ズバッ!』公式サイトより

【日刊サイゾーより】

 みのもんたが出演を自粛し、現在、TBSの井上貴博アナウンサーが司会代行を務めている『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)。視聴率が以前と変わっていないことを受け、“みの不要”の声が高まっているという。

 次男の逮捕から2日後、自宅敷地内で行われた謝罪会見で涙を見せたみの。しかし、21日に出演したラジオ番組『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』(文化放送)では一転、「別に私は騒がせたつもりはまったくない。私が何やったわけでもないわけだし」「所帯を持って独立した30過ぎの人間が、いくら身内だとしても親が責任を取るのはおかしい」などと開き直り、反省の色はゼロ。

 さらに、自分を否定したテレビのコメンテーターに対し、「もし、あなたが私の立場に立った時はどうするのか、そういうことを考えながら、これからはおしゃべりになったほうがいい」と怒りをあらわにした。

 また、息子の肩を持つみのに対して「それは公明正大ではありません」と番組の自粛を促した番組プロデューサーに対しても、「どこで達観したのこいつは、というような素敵なプロデューサーでね」と皮肉たっぷりに毒付いた。

 この日、はっきりと「(報道番組を)そもそも降りるつもりはなかった」と本心を明かしたみの。26日発売の「女性セブン」(小学館)によれば、自粛中も周囲に「(『朝ズバッ!』の)視聴率は下がってないか?」と聞くなど、みの不在による視聴率低迷を心配しているという。

「みのさん不在の『朝ズバッ!』の視聴率は、以前と特に変わっていません……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク