[ジャニーズ最新言行録]

嵐・大野智の肉食恋愛エピソード!? 女の子に「積極的にやった」こととは?

oono.jpg
そんなじっとりした視線でナニしたわけ?

 先日、今年6年目となる国立競技場でのコンサートを開催し、大成功を収めた嵐。この後も、10月にニューアルバムの発売、さらに11月からはドームツアーも始まるなど、大きなイベントが控えている。嵐への注目度が高まる中、先日、大野智が自身の過去の恋愛についてキワドイ発言をし、ファンを騒然とさせた。

 大野がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)の番組冒頭で紹介された、イギリスのジャーナリスト、ウッドロー・ワイアット氏の言葉「男は目で恋をし、女は耳で恋をする」。これを受けて大野が、「現代の若い男性の恋愛の在り方」について斬り込み始めたのだが……

「今の10代なのか? 20代前半なのか? 男性はあまり自分から女性に積極的にいかないみたいね。告白とか……。待つのか。草食的な?(中略)僕はもう~、僕の10代なんて前へ前へですよ。女性に対したって、僕、積極的でしたからね」

 と、いきなり爆弾を投下。大野は15歳でジャニーズ事務所に入所、18歳の時に嵐としてデビューしたため、10代で女性にアタックしていたとは、少々スキャンダラスな話だ。普段テレビで見せる顔は、「前へ前へ」というタイプではないため、そのギャップに困惑するファンもいたことだろう。

 しかし、大野の“肉食系”ぶりがわかるエピソードは、過去にもいくつか語られている。2007年の「ポポロ」(麻布台出版社)では、「僕は好きになると、とにかく『好き!好き!好き!』ってなっちゃうの。相手に振り向いてもらえなくても『好き』って。振り向いてもらえないまま2年間アタックしたこともあるよ」というエピソードも飛び出し、さらにその女性も大野に振り向いたらしいということから、「その2年間はデビュー後なの?」とファンを震撼させたこともあった。さらにその翌年には、吉野公佳との熱愛写真が「フライデー」(講談社)に掲載されたという“実績”もあるだけに、今回の「女性には積極的」発言には説得力があるともいえる。

 そんなアイドルらしからぬキワドイ発言を繰り出す大野だが、同番組内では、可愛らしい“肉食系”話も語られた。

「幼稚園の時スカートめくりしてたから。積極的にやったから。(中略)スカートはいてる人、みんなやった。ふふふ」

 幼少時代の話で、自身の恋愛の話を煙に巻いた感もあるが、ホッとしたファンは多いことだろう。しかし、嵐は最年少の松本潤も今年の8月に30歳になり、現在メンバー全員が30代。今後いつ熱愛や結婚報道がされてもおかしくないだけに、ファンも心の準備をしておくべきなのかもしれない。

「みんなやった」に深い優しさを感じる…

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!