ハマるほどダメ出ししたくなるんだけどなあ

「指原交際ネタは運営からのリーク」AKBスキャンダル、解禁メディアが増加

akb-all.jpg
撮影:後藤秀ニ

 地上波ゴールデン番組のレギュラー番組が消滅するなど、人気に陰りの見えてきたAKB48。そんな中、AKB48のスキャンダルを解禁するメディアが出始めている。

「ミリオン出版はAKB48のスキャンダルが解禁になったようで、今月発売された『実話ブラックザ・タブー』の巻頭で『さ○こが払拭できないヤラセ疑惑』という記事を掲載。『週刊文春』(文藝春秋)が掲載した、指原のファンとの交際記事が実は運営からのリークで、全てはHKT48を盛り上げるためのマッチポンプだった、という業界内でのウワサを報じています」(週刊誌記者)

 AKB48メンバーのグラビアが掲載されるなど、一部で“広報誌になり下がった”と揶揄されている「BUBKA」(白夜書房)や、ムック・写真集を発売している大手出版社と違い、ミリオン出版はAKB48の利権は得ていない。にもかかわらず、AKB48スキャンダルが今までNGだったのは、ある人物が関わっていたからだという。

「去年までミリオン出版に勤務していた、ジャーナリストの久田将義氏が、全てのAKB48ネタをボツにしていたそうです。今まで散々眉唾レベルのゴシップまで記事にしていたのに、AKB48にハマって以降は『AKB48の足を引っ張るな!』と現場に圧力をかけていたとか。他メディアがAKB48ネタをNGにしているのは、写真集など利権でウマミがあるから。しかし、ミリオン出版は何のウマミもないのに率先してNGにしていたため、現場はただ呆れていました」(芸能ライター)

 その後、ミリオン出版からAKB48関連の雑誌を出版する動きがあったため、久田が退社後も1年ほどAKB48ネタは禁止になっていたとか。しかしその話も立ち消えになったため、スキャンダルの解禁となったようだ。

「AKB48スキャンダルは週刊文春の独占市場となっているだけに、AKB48ネタをやるなら“今でしょ!”と、他誌でお蔵入りになったネタを募集しているそうです。そしたら前出の指原の『文春』ヤラセ話が手に入った模様。これはさすがに『文春』も記事にできませんからね(苦笑)。真相はともかく、HKT48に移籍した直後から囁かれていた疑惑なので、業界では『ミリオン出版攻めているな』って話題になっていますよ」(前出の週刊誌記者)

 先日放送された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』(フジテレビ系)の視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、すでに全盛期は過ぎ去った感のあるAKB48。これでスキャンダルを解禁するメディアが増えれば、ブーム終焉も早まりそうだ。

好きだからこそ裏側まで追うんじゃないの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに