[ジャニーズ・メディアの裏側]

赤西仁がファンに弁明、「デキ婚じゃないから」! 夫婦円満な目撃談も

akanishijin14.jpg
サイゾーウーマンも見て「はぁ?」って思ってる?

 8月7日に1年5カ月ぶりの新曲「HEY WHAT’S UP?」をリリースした赤西仁。22日・23日にはCD購入者の中から当選者のみ招待されるスペシャルイベントが開催され、久しぶりに大勢のファンの前に登場した。赤西は黒木メイサとの電撃結婚後、間もなく休業してしまったが、イベントでは「オレ、デキ婚じゃねーから!」と、結婚に至った経緯などを自らの口で釈明していたという。

「初日の大阪では、ファンを前にした赤西が“ずっと言いたかったこと”として、『デキ婚じゃない』と弁解し始めたそうです。『ちゃんとプロポーズして、その後妊娠がわかった』『ニュース見て“はぁ?”って思って、(ジャニーズの)広報担当の人に電話したら「もう遅い」と言われた』などと、当時の状況を振り返って話していたとか。まぁ、入籍の前に子どもができてしまっていたから“デキ婚”と言われるのは当然なんですけど、本人としては『先にプロポーズは済んでいて、子どもができたから結婚したのではない』と、主張したかったんでしょうね。翌日に東京で行われたイベントでも結婚の話題に触れ、『デキちゃった結婚が悪いわけじゃない』と前置きしながらも、自分はデキちゃった婚ではなく、“デキてました婚”だと、ファンに訴えていたそうですよ」(ジャニーズに詳しい記者)

 無邪気というか、天然発言が多い赤西だけに、会場のファンは温かい目で見守っていたそうだ。イベントでは、「プライベートが充実してないと、仕事も頑張れない」などと本音を明かし、“メイサ”と妻の名前を口にする場面もあったという。一方の黒木も、7月26日に行われた主演舞台『「源平盛衰記」異聞 巴御前 女武者伝説』の会見で「信じると決めたものには信じてついていこうと思っている」と、赤西を思わせる意味深発言をし、マスコミの関心を集めていた。

 一部でウワサされた不仲・離婚説はどこへやら、当の本人たちは意外にもそれぞれで仕事に邁進し、円満な夫婦生活を送っている赤西夫妻。そんな2人のプライベートを目撃した近隣住民は、一家の様子をこう証言する。

「自宅近くのスーパーに、よく親子3人で買い物しているところを見掛けますよ。ある時はメイサちゃんが不在で、赤西くんがベビーカーを押して来ていたこともありました。2人のお子さんはスゴく可愛かったですよ」

 今回の復帰に際して、オリコンウィークリーランキングでは新曲が惜しくも2位になってしまったが、「11万枚も売れて事務所がビックリしてた」とイベントで喜びを素直に表していたという赤西。ファンのために、これからも良い作品を生み出していってほしい。

なんだかんだカワイイヤツなんだよね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク