[女性誌速攻レビュー]「VERY」9月号

女として優れていたい――「VERY」の主張を脅かす、ワーキングママという現実

very201309.jpg
「VERY」2013年9月号/光文社

 今月は夏休みということで、別冊付録がついている「VERY」(光文社)。タイトルは「ママたちの夏休みビューティーチャレンジ!」です。「夏休みの間にキレイになりましょう」といった特集はどんな雑誌にもありますが、そんなぬるいキャッチコピーには収まらないのが「VERY」のすごいところ。「二学期、久々にママたちと顔を合わせるのはまさに同窓会感覚。『何か変わった?』『キレイになった?』と思われたい。言われたいのがママの乙女ゴコロ」と、競争心を煽りまくります。

 気になるその内容は、「韓国美容めぐり」「まつエクデビュー」「美白」というごくごく普通の美容特集。しかしよく読んでみると、「秘密でいいことしてきちゃおう」「子どもの成長とともにママだってちょっぴり変身して2学期を迎えたい」と、やっぱり何かにつけて競争心を煽る煽る! 筆者は動悸・息切れをしてしまいましたが、「VERY」読者は、こういったキャッチコピー1つで、「よーし、やるぞー!」と奮起するものなのでしょうか?

<トピック>
◎ママたちの夏休みビューティーチャレンジ!
◎働くママの、幸せの時間
◎ワーママのお受験事情

■お仕事ママと専業ママに対する「VERY」の見解

 今月の第一特集は「働くママの幸せな時間」。タイトルの上に「欲張りな自分は嫌いですか?」「子どもに対して罪悪感はありますか?」というキャッチコピーが躍っています。これはつまり、「VERY」においてママが働くことは、すなわち「欲張りで罪悪感を得るもの」だったということです。今の御時世、驚きの考え方です。

 併せてこの特集には、「子どもへのしわ寄せに苦しくなることもある、経済的にもなんとかなるのに、なぜそこまで無理して働かなければいけないのか?」といったエクスキューズや、働くことへの罪悪感の理由を「親子の時間が減る」「子供の学校行事に参加できない」「子供の成長をしっかりみられない」とする読者アンケートの結果も紹介されており、「VERY」読者が、こと子どもに対して罪悪感を抱いていることがよくわかります。

 一方で、旦那さんに罪悪感を抱いている様子は見られません。それどころか、「旦那さんは、あなたが働くことに賛成?」という質問には、84.5%が賛成と回答しています。「妻に家のことをしっかり守ってほしいから、働きに出てほしくない」という旦那さんは、もはや絶滅危惧種なのかもしれません。もちろんそれは、不景気による家計状況によるところが大きいようで、「働く一番の目的は?」という質問の回答は、「将来への貯蓄など」が22.8%、「子供の教育費」が19.8%と、1位2位を占めていました。

勘違いBBAが減っていくのがさみしい……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー