Hage田ゲス子セレクト「渡る世間は鬼女ばかり」

里田まいに続け! 夫やパートナーを盛り上げる「あげまん」の法則とは?

satodamai04.jpg
野球好きオッサンは成績悪かったらすぐdisるくせに

――玉石混交のネットの海で、下衆なエピソードだけを収集・観察する奇跡のヲチャーHagex。彼がセレクトした、某橋田壽賀子ドラマよろしく、読むとゲッソリする……いや人生のトラブルシューティングとしてためになるエピソードを紹介。

 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が、8月16日の西武戦で白星を挙げて、日本プロ野球新記録である「21連勝」という快挙を達成。巨人の松田清(1952年に20連勝達成)、西鉄(当時)の稲尾和久(57年に20連勝達成)といった半世紀以上も前の記録を更新しました。田中の活躍に伴い、妻でタレントの里田まいに注目が集まっています。2012年3月に田中と結婚した里田は、5つ上の年上女房。「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得し、夫のために毎日の食事を考えて作る様子が、彼女のブログにはアップされています。そんな里田を「あげまん」として、一部の新聞が取り上げています。

 あげまんとは、元々は芸人の隠語で、運気が上向くことを指していました。つまり、男女関係なく使われる言葉だったのですが、現在はあげまんの「まん」が「まんこ」を省略したものと誤解されてしまい、肉体関係を持った男性の運気を上げる女性のことを指すように。さて、いつもは不幸なお話ばかり紹介していますので、今回は珍しく「あげまん」にまつわるエピソードを取り上げてみました。

<あげまんを裏切る怖さ>
【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1264064395/

 嫁は6つ年上。投稿者はある教室でスタッフをしており、生徒として入ってきた嫁と知り合った。投稿者は人付き合いが苦手なタイプだが、嫁は相手の心を読み取るように反応してくるので、スムーズに付き合いができた。嫁と付き合うことで、自分の夢はかない、仕事も順調。

 強烈なあげまん嫁だが、彼女を裏切ると猛烈な仕返しがやってくる。仕返しといっても彼女はなにもしない。交際中に、以前から関係が切れない人妻と会うために飛行機に乗ろうとしたら、台風直撃で飛ばず。新幹線を使って行こうとするも遅延、やっと着いたら予約したホテルが見つからず、さらに浮気相手にドタキャンされる。帰宅したら、とどめを刺すかのようにおたふくかぜになった。結婚後、懲りずに違う相手と浮気をしていたら、半月板損傷、靭帯断裂、脳しんとうが一度に起こり、浮気相手の父親の会社が倒産して一家が路頭に迷うことになってしまった。彼女の友達が言うには、嫁を裏切った元彼はみんな不幸に襲われているとのこと。

・元彼1は浮気した後に結核で入院
・元彼2は浮気した後すぐ事故に遭って瀕死の重傷
・元彼3は経営する会社でクーデターが起こり、社長が解任されて一文無し

 嫁には「見えない強い力」がついてるのは明らかだったので、それ以降は浮気や裏切りをせず、嫁と仲良く暮らしている。

<あげまん武勇伝は男の立場をなくす>
目撃ドキュ25 ◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1143479231/

 同僚の結婚式に出席。上司がスピーチしていたのだが、内容が衝撃的だった。

女だってあげまんと結婚したいよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク