皮肉の1つでも言いたくなるよね~!

「ジャニーズとなら交際OK?」SNH48・宮澤佐江、熱愛報道スルーの裏側

miyazawasae2013.jpg
Jr.と熱愛報道とはたまげた度胸ね(撮影:岡崎隆生)

 7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて「親密交際」を報じられた、SNH48・宮澤佐江とジャニーズJr.ユニット「Snow Man」の深澤辰哉。今回のスキャンダルは、これ以上表立った動きを見せることはなさそうだ。

 同誌によると、2人の交際は約1年前からで、家族公認の仲である両者は月に2回ほどの“密会”を行っているという。深澤が宮澤宅にお泊まりをする様子の写真も掲載されたが、双方の事務所は「深澤と宮澤の兄が友人関係」という説明をするのみだったという。

「『文春』の発売直前に、宮澤がTwitterで“暴走”した以外、この一件はまったく広がりを見せませんでした。少し前に、ISSAとのお泊まり愛を報じられた増田有華がグループを脱退、また同じく峯岸みなみが頭を丸刈りにしたことを考えると、あまりにも不可解な対応です」(週刊誌記者)

 確かにこれまでも、AKB48スキャンダルをめぐっては、大島優子とウエンツ瑛士の極秘交際、板野友美とEXILE・TAKAHIROの半同棲疑惑などに対する完全スルーの場合と、増田や峯岸、また指原莉乃のメール流出など、明らかな処分を受ける場合の2つパターンが存在している。

「宮澤の場合は完全にスルーのパターンでしたね。新聞やテレビも完全無視状態で、一部宮澤ファンはTwitterで『何でもいいから弁明してほしい』と呼びかけていましたが、本人が反応することはありませんでした」(同)

 古くから宮澤をよく知る芸能関係者は、「彼女は厳格な家庭で育ち、お兄さんとともに人気者で成績優秀という、模範的な学生時代を送っていたんです。それなのによりによって、ジャニーズと熱愛なんて……」とショックを隠せないようだ。そして今回の一件は、宮澤に非がないとは言い切れないと話す。

「たとえ兄の友人だったとはいえ、自宅に招くという行為がどういう風に捉えられるのか、少し考えればわかること。宮澤は来年1月に、ジャニーズの風間俊介との舞台共演が発表されており、深澤との関係を報道されれば、関係者や共演者にも迷惑を掛けてしまうことは明らかです。しかし今回の件をスルーすると決めたのは、ジャニーズ側に対する配慮もあるはず。宮澤が処分されれば話題も広まってしまうし、交際を認めたようにも思われてしまいますからね。しかし、相手が強力な事務所ならスルーされるというのであれば、『ジャニーズとなら交際OKなの?』とファンに不信感を抱かせてしまう可能性もあります」(同)

 こうして宮澤のビッグスキャンダルは、このまま闇に葬られることになりそうだ。

みんなAKBスキャンダルに飽きちゃったのかな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー