前回放送は5.6%……!

内村光良、NHK『あまちゃん』コントは大丈夫!? 甦る「松本人志の大惨敗」

life_uchimura.jpg
『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)公式サイトより

 今月20日と27日にNHKで放送される、ウッチャンナンチャン・内村光良のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』。空前のヒット作となった朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』のパロディコントが放送されるということで、各メディアでも大々的に取り上げられている。

 『LIFE!』は昨年、NHK BSプレミアムで9月と12月に2回放送され、今年6月からはNHK総合の連続ドラマ「ドラマ10」枠の作品が切り替わるタイミングで放送されている。番組のスタート前に記者会見を行った内村は「莫大な予算を掛けているので、すべるわけにはいかない」と意気込みを見せていた。

「ところが、6月に放送された回の視聴率は、火曜日午後10時で5.6%と低空飛行。同時間帯でも最低視聴率でした。NHKはダウンタウンやウッチャンナンチャンなど、『お笑い第三世代』を積極的に起用していますが、いまいち相性が良くないのか、いい結果は出せずにいます」(週刊誌記者)

 松本人志は、2010年に『松本人志のコントMHK』で、NHKのコント番組に初挑戦。前評判も高くメディアや一般人からも期待されていたものの、初回視聴率は2.3%という“大爆死”で、その後も横ばいの数字のまま終了している。

「『MHK』の評価はネット上でも散々で、『松本人志は終わってしまった』と酷評されていました。対して内村の方は『笑う犬みたいで面白かった』とファンから温かい意見が寄せられていましたが、やはり時間帯最低視聴率では決して喜べないでしょう。内容に関しては好評価が出ている内村のコントだけに、今月20日と27日の放送には、視聴率的にも期待がかかっています」(同)

 しかし期待以上に、「内村は相当なプレッシャーを感じているだろう」とテレビ局関係者は語る。

「『あまちゃん』ブームまっただ中で、ゲストには脚本を担当した宮藤官九郎を迎えるなど、ハッキリ言って“鉄板”の内容。この2週にわたる放送が、またしても低空飛行だった場合、松本と同じく内村もNHKからお役御免となってしまいます」(同)

 雑誌や新聞にも積極的にプロモーションを仕掛け、万全体制で放送される『LIFE!』の『あまちゃん』コント。内村の「すべるわけにはいかない」というコメントが、この2回の放送に大きくのしかかることになりそうだ。

ウッチャンって、叩かれにくいいいポジションだよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた