ファンの気合がすごいわ!

P・マッカートニーの“究極のファンサービス”が、美談として米ネットを駆け巡る!

PaulMcCartney01.jpg
顔と首の境界のなさが米良級のポール

 “生きる伝説”として中高年に絶大なる人気を誇る、元ビートルズのポール・マッカートニー。71歳という高齢にもかかわらず、今年5月からワールドツアー『アウト・ゼアー』をスタートさせ、世界中のファンを大喜びさせている。11月には11年ぶりの来日コンサートを行うことになっており、先行予約には10万件を超える応募が殺到。「年齢的に最後の日本公演になるかも」というファンの推測により、チケットの争奪戦が繰り広げられているようだ。

 そんなポールが、8月9日夜、サンフランシスコで開催された音楽フェス『2013 Outside Lands Music and Arts Festival』に出演。ポールお目当てで集まった大勢の観客の中に、「親愛なるポール どうか、アタシにサインして! アタシの最初で最後、唯一のタトゥーにしたいの!」と大文字で書いたピンクのボードを掲げる、ブロンド美女を見つけ、ステージに招き上げた。

 米ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」によると、この女性は29歳のジェナ・ニューサム。ポールとビートルズを崇拝しているそうだ。ステージに上げてもらえたジェナは、「サインしてください。タトゥーにして、生涯アタシの体に残すから」と説明。ペンを持ったポールは、背後からハグするような体勢で彼女の右手を取り、手首に「ポール・マッカートニー」というサインと、その下に小さなハートを描いた。

 夢がかない大感激したジェナは、フェス終了後、夜中の1時だったにもかかわらずタトゥー・パーラーに急行。ポールのサインとハートマークをそのままタトゥーとして彫ってもらった。そして、興奮と感動が覚めやらぬ中、Facebookに、「神さま、実現しました!!!!!」「アタシの人生の中で、最も素晴らしい瞬間でした!!!!!!!!!!!!!」と書き込み、友人らに報告。

 「RadarOnline」には、タトゥーを入れた細い手首の写真が掲載されており、11日にジェナが言ったという「まるで夢の中にいるみたいって、ウキウキしながら過ごしているわ」「ずっと夢だったのよ。ポール・マッカートニーはアタシのすべて。そんな彼にアタシは会ったの。夢がかなったのよ」というコメントも紹介。ネットでは、「クールなアイデアだ」「夢をかなえてやるポールはいい人だ」という声や、「自分もこのフェスに行ったが、彼女のほかにもサインしてもらっていた女性がいたよ」という情報を提供する者も現れ、美談として話題になっている。

 実は、2011年にもポールのコンサートで5列目にいた夫婦が、「オレの妻にサインしてくれよ」「アタシが妻です。サインして!」というボードをそれぞれ掲げ、面白がったポールが夫婦をステージに上げて、妻の右肩に「LET IT BE」という言葉と共にサインをしたことがある。彼女は大喜びし、コンサート終了後、タトゥー・パーラーに駆け込みタトゥーとして刻み入れ、話題になった。

 自分の体にサインしてほしいとセレブに頼み、そのサインをタトゥーとして彫るというアイデアはそんなに珍しいことではない。31歳のゾー・ウェイドという女性は、お気に入りのセレブに両腕と背中にサインしてもらい、それをタトゥーとして刻むという趣味を持ち、何度かメディアで紹介されている。

 彼女のコレクションは、アンジェリーナ・ジョリー、セリーヌ・ディオン、U2のジ・エッジ、ローリング・ストーンズのロン・ウッド、ライオネル・リッチー、カイリー・ミノーグら大物ばかり。ゾーの場合、9歳の頃からセレブのサイン収集をするようになり、03年にロックバンド「ブロンディ」のボーカル、デボラ・ハリーが腕に書いたサインをタトゥーとしてなぞり彫ったのが、セレブ・サイン・タトゥーの始まりだったと英タブロイド紙「Mirror」に明かしている。今回ポールのサインをタトゥーにしたジェナとは異なり、相当なマニアである。

 70歳を過ぎてなお、若い女性に騒がれ、うっとりと崇拝されるポール。今後、ジェナのマネをするファンが急増すると思われるが、ポールならきっと気軽に対応してくれることだろうと、ネット上では期待が膨らんでいる。

ジャニ魂でのうちわでやりたいけど、ジャニタレは大体汚文字

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー