[女性誌速攻レビュー]「an・an」8月21日号

「2穴挿入に興味がある」妄想路線に寝返った「an・an」セックス特集

anan130809.jpg
「an・an」2013年8月21日号/マガジンハウス

 夏恒例、「an・an」(マガジンハウス)のセックス特集がやってきました。今年のテーマは去年・一昨年と同じく「感じあう、SEX」。キャッチコピーは「自分史上、最高の体験」です。表紙はKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔。左膝を立てることでアレが見えそうで見えないという絶妙な構図です。

 ここ数年の「an・an」のセックス特集で特徴的だったのは、ひとりHの指南ページ。「女性の性をもっとオープンに!」というメッセージをガンガン発信していました。また、ローターやバイブを使ったプレイなども提案。今年、女性向けバイブの「iroha」が発売されたことで、今号もひとりH・グッズ推しなのかと思いきや……また違った方向性を打ち出してきました。早速読んでみましょう!

<トピック>
◎こうしたい、こうされたい…!濃密に愛し合える、秘密の願望集。
◎一番“感じた”セックス、話します。
◎少年アヤちゃんのビッグダディインタビュー

■妄想力がたくましすぎる誌面!

 「女の人の額の生え際のところの産毛に萌えます」というキスマイ・藤ヶ谷の意外な嗜好が明らかになったインタビューの後は、「こうしたい、こうされたい…!濃密に愛し合える、秘密の願望集。」という特集が。アンケートで集まった「こういう刺激的なセックスがしたい!」という声を、男女の絡みの写真で再現しています(もちろん局部の露出はなし)。妄想の内容は「いつもは彼がリードしているけど、たまには私が…」「今夜は私に調教されてみない?」などのプチSっけのあるものから、「ちょっと手荒に脱がされてみたい」「乱暴に押し倒されてみたい」などのMっけのあるものまであります。まぁ、普通といってしまえば普通の妄想といえましょう。

 その中で光るのが、「元カレ総出で複数プレイ」「ハイヒールを履いたまま」「2穴挿入に興味がある」「AV男優さんとのセックスに憧れている」……。これ、男性向けエロ文化圏・もしくはBLエロ文化圏に親しんだ女の妄想ではないでしょうか? 「an・an」読者はサブカル・オタク女子率が徐々に高くなりつつあるように思えます。

 その後に続く「一番“感じた”セックス、話します。」は小説仕立てで読者の体験を再現。「カーセックス」「寝取り」などバラエティ豊かな体験談が並びます。その中で異彩を放つのが、「居酒屋のピリ辛キュウリを口移しされて胸きゅん」「彼が私の脇毛を剃ってくれて感動」といったエピソード。実際に起こった出来事だとしても、完全に妄想だとしても、マニアックすぎます……。

サブカル×エロってなんて湿地帯……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク