どん詰まりカップルのこれから――

オリラジ・藤森慎吾に結婚報道! 田中みな実と別れない「身勝手」な理由とは?

charahujimori.jpg
『藤森慎吾 東京のチャラうぃ↑店』/実業之日本社

 オリエンタルラジオ・藤森慎吾に「見ていて痛々しい」という声が挙がっている。一時は芸能界を席巻したチャラ男キャラは鳴りを潜め、話題になることといえば、交際中のTBSアナウンサー・田中みな実との交際についてのみ。先日も結婚についてマスコミから聞かれ、「怒られるから言えない」と言葉を濁していた。

 藤森は昨年、田中との交際中にもかかわらず別のモデル女性と浮気をし、一度の関係で妊娠させてしまったと「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。この一件で田中とは当然破局したものとみられていたが、2人は話し合いの末に「交際継続」を選択したようだ。「フライデー」(講談社)などでも、その後2人がデートをする姿が撮影されている。

 そして「文春」最新号では、その後の藤森について“チャラ男キャラを封印”と伝えている。やはりこのスキャンダルのダメージは相当のもので「CM話も来なくなりましたし、バラエティの出演回数も減りました」(芸能記者)という。

「所属事務所・吉本興業の圧力で、その後藤森の浮気についてはほとんど報道されていませんが、藤森の“キャラ変”は著しい。バラエティに出演こそしても、目立った発言は周りから振られるまでまったくないし、ずっと大人しくしたまま。いっそのこと次長課長・河本準一のように謹慎期間を設けてもよさそうなものですが、スキャンダルを封殺した流れもあって、仕方なくテレビ出演を続けているようにしか見えません」(芸能プロ関係者)

 そんな藤森が交際を継続したい理由として、「文春」は「イメージの回復」としている。ここで田中に逃げられてしまったら、女性を傷つけたというイメージがより深くなってしまうからだという。何とも身勝手な事情だが、一方で田中も、ブレイクのきっかけとなったぶりっこキャラを封印。司会を務める『サンデー・ジャポン』(TBS系)にしても「藤森を気にしてなのか、以前に比べると明らかに静かになってしまった。それに藤森と付き合っている以上は、『彼氏が浮気した上に堕胎させた』というイメージが付きまとってしまいます。両者にとっても現状は“どん詰まり”ではないでしょうか」(同)

 しかし、田中をよく知る関係者によると「少なくとも田中さんは結婚について前向き。寿退社の話を本人がすることもあります」とのことだが――2人の将来は果たして?

今、最も笑えない芸人

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー