しいちゃんの芸能解説講座【裏】

田原俊彦、ジャニーズ事務所と関係修復? ジャニタレ共演NGのアイドルたち

iamme01.jpg
『I AM ME!』/フォーミュラレコーディング

編集S 田原俊彦が、ジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川さんから手紙をもらったって本当!? トシちゃんといえば、ジャニーズ事務所から独立以降、関係が途絶えていたと思ってたのに。

しいちゃん 8月6日に田原が映画関連のイベントにゲスト出演した際、「メリーさんから直筆の手紙が来ちゃった。何かと思ったら、元気ですかって。久しぶりに僕もお手紙書いちゃった」とコメントしてた件ね。1994年の独立以来、後輩たちとの共演はNGだったけど「そろそろね。手紙書いてくれるぐらいだから。僕的には全然(問題ない)」「ずいぶん前からいろんなところにオファー出してるけどね、なかなか成就しなくて」と言ってたね。映画の内容にちなんで「どんな逆境にも諦めない自信がある?」と聞かれた時は、「諦めていたら、すでに巨大組織ジャニーズ事務所を辞めた時に、たぶん完全に消されてた。木っ端微塵になって、今は『ああ、いたな』って立場になりかねなかった」と語っていたわ。ずいぶん突っ込んだコメントだよね。

編集S だからといって、いまトシちゃんがバリバリに活躍しているわけでもないけど……。メリーさんたらどういうもくろみで手紙を出したのかしら。86歳になって半生を振り返り、思うところがあったのかしらね。トシちゃんが長年干され続けたのは「僕はビッグ」発言が原因なんでしょ?

しいちゃん 一般的には、94年の長女誕生後の記者会見で「何事(結婚・出産)も隠密にやりたかったんだけど、僕くらいビッグになっちゃうとそうはいきませんけどもね」と発言した部分だけが取り出さされ、「傲慢だ」とバッシングされてきたね。でも、実際はそうではなかったと、2011年10月『爆報!THE フライデー』(TBS系)が検証してた。会見のVTRをすべて見ると田原は記者の質問に丁寧に答えていて、それほど傲慢でもなかったの。つまり、会見映像は「ビッグ」発言だけを抜き出して繰り返し放映されてきたわけ。『爆報!THE フライデー』で検証されていたのはそこまでで、全てをメディアのせいにしていたけど、知り合いの芸能記者サンによれば、「ビッグ発言はきっかけであって、干された直接の原因はやはり独立問題。93年に田原が独立を企てた際、事務所はコンサートツアーを中止にするなどの措置をし、田原は事務所の後ろ盾を失った。そこへ、あのビッグ発言があった。もともと生意気だった田原を叩こうとしていたメディアは、これはチャンスとばかりにバッシングしまくった。独立後は、ジャニーズ事務所に気を使い田原を扱わなくなった」とのこと。

編集S トシちゃんの後ろ盾といったら、カズさんのこと忘れられないでしょ! 今でも合コンしてるっていうんだから、ある意味幸せな人生よね~。しかし、今回のメリーさんからの手紙でようやく和解となるのかしら。

しいちゃん 絶頂期の田原はジャニー喜多川社長に気に入られていて、当時存在した合宿所では別格扱いだったというのにね。89年には、ジャニー氏が撮影したとウワサされる全裸写真が写真週刊誌に掲載されたこともあったんだよ。かわいさあまって憎さ100倍というところかしら。元光GENJIの諸星和己も独立でモメて関係が悪化したわね。ちなみに、全ての独立したタレントが現役ジャニタレと共演NGなわけじゃないよ。例えば、75年にバーニングに移籍した郷ひろみ。当時のジャニーズ事務所はまだ小さくて移籍を止められなかったばかりか、メディアがジャニーズ事務所に配慮するということもなかったので、郷は順調にスターへと上り詰めた。移籍後も後輩ジャニーズとの共演は自由。郷を相当気に入っていたジャニーさんは移籍当時、ショックで寝込んだらしいよ。

編集S 郷ひろみから中山優馬まで、ほんっとジャニーさんの趣味って幅広いわ。

しいちゃん 89年にジャニーズ事務所を退社した川崎麻世は、5月に自身の公式ブログで、TOKIOの松岡昌宏や嵐の松本潤と会食し、「松岡が知らない頃のマッチや東達がジャニーズに入って来た頃の事を話したらビックリしてた。そんな頃の事話せるの俺しかいないからね」と書いてる。松岡と初めて対面した11年9月のブログには、「昔のマネージャーやジャニーさんの話をしたり凄く懐かしかったし 俺が使っていた部屋は後にタッキーや岡田くんが使っていたとか」「辞めてもこうしてちゃんと先輩として敬ってくれるなんて嬉しいよね」と書いてて、円満退社だったことがうかがえる。ほかに、野村義男や元シブがき隊のメンバーも現役ジャニーズとの共演OK。

編集S 川崎麻世とTOKIO松岡の交流、いい話だわ~。麻世はカイヤとも交流して~。

しいちゃん こらっ、よそ様の夫婦関係に口出さないの! あとはね、退社した元ジャニタレだけでなく、ほかの事務所のタレントも共演NGの場合がある。よく言われているのが、8月4日に松浦亜弥と入籍した橘慶太が所属するw-inds.ね。01年にデビューし、02年には『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしたものの、“若い男の子のグループ”ということでジャニタレとキャラがかぶり、歌番組などで共演する機会がほとんどなかった。特にジャニーズ事務所と関係が深い『ミュージックステーション』(テレビ朝日)への出演はゼロ。そこで、w-inds.はアジア・中華圏でCDをリリースしたりライブ活動を行うなどしたところ、大ヒットとなった。今回の橘の結婚報道も、台湾や香港では嘆き悲しむファンが多いのよ。そのほか、AAAは、メンバーの日高光啓が元ジャニーズJr.のため共演がないと言われてる。

編集S 複雑ね~。日高とKAT-TUN中丸雄一のボイパコラボとか見たいのに! 他事務所はともかく、とりあえず退社した元ジャニタレは、かつては“兄弟”だったんだから、ジャニーさんやメリーさんと関係を修復して、いつかたのきんトリオ再結成や光GENJI再結成してほしいものだわね。

愉快なオジサン枠でニッキとセット売りしねーかな

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

田原俊彦、ジャニーズ事務所と関係修復? ジャニタレ共演NGのアイドルたちのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニー喜多川川崎麻世田原俊彦郷ひろみのニュースならサイゾーウーマンへ!