辞めた後わかる大手プロの怖さ

藤井リナ、独立後は女性誌の表紙から消える!? 順調なモデル業も危ぶまれる理由

fujirina.jpg
『I LOVE Kawaii』/講談社

 先日、事務所からの独立が報じられたモデル・藤井リナに、業界関係者から不安の声が上がっているという。本人や元所属事務所スターダスト・プロモーションが発表を行う前から「契約終了の一因は素行面での問題か」と伝えられていることについて、ある芸能プロ関係者は「これまでの本人の言動を見れば当然の結果でしょう」と語る。

「藤井の恋愛には、常に問題がつきまとっていました。芸能界ではタブーとされているジャニーズタレントとの交際に積極的で、しかも素行が悪いといわれる関ジャニ∞の錦戸亮、KAT-TUNの田中聖などと付き合っていた。世間に最も広く交際が知られている相手は、DA PUMP・ISSAですが、破局後に女性スキャンダルが多発した際には、マスコミ関係者の間で『ISSAがおかしくなったのは藤井と交際をしてからだ』と陰口を叩かれてましたね。それだけ、業界内での藤井のイメージはダークだということです」(同)

 さらに問題視されたのは、反社会的行為と闇の交際関係だろう。2008年、約70回にわたり違法駐車を繰り返した挙げ句、約60万円の滞納金と延滞金が発生していると一部で報じられた。また海老蔵暴行事件の際には、藤井も同じ店に滞在していたこと、さらには関東連合の元リーダーとの交際が取り沙汰されたこともあった。

「スターダストも藤井の素行は十分承知しており、本人の人間性が明かされてしまうテレビ出演の仕事は、あえてセーブしていたんです。今回の独立は、藤井がそのことについて不満を爆発させてしまったことが原因なのでしょう。9月からは個人事務所で再出発するといわれていますが、藤井と共に事務所を立ち上げたパートナーも、夜の街で知り合った得体の知れない業界関係者なのだとか。結局疑惑を持たれる人間との関係は、今後も続いていくことでしょう」(同)

 そんな藤井だが、専属モデルなど紙媒体の仕事は順調だという。「同年代の女性から圧倒的な支持を受けている」(週刊誌記者)そうだが、今後はモデル業も順調にはいかないようだ。

「スターダストは在籍タレントには過保護な事務所ですが、一度所属を離れると、徹底的に突き放すことでも有名。二股騒動で話題になった塩谷瞬が、いまだにドラマに出演しないのもそのせいです。現在、藤井を起用する女性ファッション誌は、本音としては今後も続けてもらいたいようですが、スターダストに気を使って、起用を見送ることになるかもしれません」(同)

 実力や人気があっても、大手事務所に睨まれてしまえば思うように活動することも難しい。藤井の心機一転の再スタートは、どうあっても茨の道となってしまいそうだ。

数年後、Vシネにでてそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー