ドラマレビュー第14回『半沢直樹』

時代劇の勧懲フォーマットに沿いつつ、悪以上に狡猾な『半沢直樹』のヒーロー性

時代劇の勧懲フォーマットに沿いつつ、悪以上に狡猾な『半沢直樹』のヒーロー性

 TBSの日曜劇場で放送されている『半沢直樹』は、池井戸潤の小説『オレたちバブル入行組』『オレたち華のバブル組』(ともに文藝春秋)を原作としたドラマだ。  世界第3位のメガバンク、東京中央銀行・大阪西支店で働く融資課課長の半沢直樹(堺雅人)は、有能なバンカー(銀行員)。ある日、西大阪スチールという年商50億の大手企業への融資話が持ち上がる。半沢は警戒するが、支店長・浅野(石丸幹二)の鶴の一声で「無担保で5億の融資」が決定する。しかし、西大阪スチールは計画倒産を行い、東田満社長(宇梶剛士)は失踪。融資金5億円の回収が困難な事態に陥る。半沢は浅野支店長に全ての責任を押し付けられ、5億を取り戻さないと出世コースから脱落し地方銀行に左遷されてしまうため、東田社長の行方を追いかけるが、浅野支店長と配下のバンカーが次から次と妨害工作を仕掛けてくる。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

時代劇の勧懲フォーマットに沿いつつ、悪以上に狡猾な『半沢直樹』のヒーロー性のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビュー半沢直樹のニュースならサイゾーウーマンへ!