皆藤愛子&山岸舞彩 絶妙なバランスを武器に生き残る、お天気キャスター論

otenkiana.jpg
左から『あいこ便り』(小学館)、『山岸舞彩 2013カレンダー』(トライエックス)

【日刊サイゾーより】

テレビ不況の昨今、ギャラがかからない女子アナはキー局の頼みの綱。似て非なる彼女たちの魅力を、女子アナウォッチャーが語り尽くす!

 星の数ほど存在するフリーキャスターで、特に放送局への就職経験がない“生え抜き”が、報道番組や情報番組のメインキャスターになることは非常に難しい。しかし、20代の若さでそれを成し遂げ、現在もテレビ業界の第一線で活躍しているのが、『めざましどようび』(フジテレビ系)の皆藤愛子アナと『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の山岸舞彩アナだ。

 皆藤アナと山岸アナは、共にお天気キャスター出身。フジの『めざましテレビ』に端を発した“お天気キャスターのタレント化”が各局に浸透していく黎明期に、皆藤アナは『めざまし』で、山岸アナはテレ朝の『やじうまプラス』で、現在の成功に至る足がかりをつかんでいる。この「タレント化」とは、気象予報士の資格を持たないタレントを番組のお天気コーナーに起用する流れのこと。すでに局アナがタレント化していたこともあり、同傾向は瞬く間にテレビ界を席巻した。ルックス重視のお天気キャスターが次々に粗製濫造されていき……

続きを読む>>>



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

皆藤愛子&山岸舞彩 絶妙なバランスを武器に生き残る、お天気キャスター論のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!