[連載]そうだソルティー京都、行こう

土方歳三手書き句集、『風光る』のコピーまで販売、キナ臭すぎる「新撰組記念館」

 京都は、世界屈指の観光地。そして女の憧れの地である。美味いもん食って、寺社を見て、お洒落して、勉強する。何でもかんでも「京都でする」のが女の憧れなのだ。女性誌はこぞって京都特集を組み、ガイド本や京都観光エッセイがボロボロ出版されている。確かに京都には歴史がある。名産品がある。美味がある……そして誰も取り上げないけれど「しょっぱい京都」もある。

 しかし京都のほんとうの魅力は、こういうソルティーなところにあるのだ。上品ぶっている女性誌では取り上げないほんとうの京都の姿を、しっかり焼き付けて欲しい。そうだソルティー京都、行こう。

【第14回 新撰組記念館】

 好きなものにつけ込まれると、人は弱い。大好きなアイドルのためならいくらでも時間を使えてしまったり、ネットで好きなアイドルと知り合えたと思って大金をはたいてしまったり。他人から見たら「えー、なんで?」と思うような陳腐な嘘でも、本人にとってはわずかな望みの方にかけてしまいたくなるのである。「愛は盲目」なのだ。

 新撰組は、男子のみならず女子にも大人気のグループである。リアンじゃなくて、幕末の方。スポーツマンの集まりで、男ばっかりBLのにおい。アンニュイな結末もなんだかサナトリウムの香りだ。『風光る』(小学館)や『薄桜鬼~新選組奇譚~』が大ブレーク、それから『オトメン(乙男)』(白泉社)で人気を博した菅野文も『北走新選組』(同)なんて短編を描いている。壬生寺が、リアンあり『薄桜鬼』あり『銀魂』(集英社)ありの全方向に突っ走ってしまったのも、ファンたちの熱い思いがあってこそである。

 その新撰組の聖地の端っこに、「新撰組記念館」というのがある。修学旅行や新撰組を偲ぶ旅に出たファンたちは、間違いなく行ってみたい場所だろう。

sinsen01.jpg
古い京都の町屋がそのまま記念館になっているようです
sinsen0203.jpg
(左)ちょっといやな予感のするお知らせが扉に (右)このあたりで入るかどうか迷い始めます。ミュージアム??
sinsen04.jpg
旗にまで味があります
始末に負えない!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  16. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  17. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに