小粒すぎるキレポイントに注目!

温厚そうなイメージは偽り!? 「キレやすい」と呆れられる、某太鼓持ち芸人

taikomochi.jpg
『アメトーーク! DVD6』/よしもとアール・アンド・シー

 バラエティ番組で“太鼓持ち芸人”と呼ばれているサバンナの高橋茂雄。先輩にへつらい、気に入られることによって仕事を得ているとネタにしているが、高橋をよく知る者の間で、「太鼓持ち芸人なんて、とんでもない」といううわさが立っているという。

 同じ中学~大学を卒業した2歳年上の相方・八木真澄とコンビを組み、2009年から東京を拠点に活動する高橋。実家が歯科開業医のため、「お坊ちゃん芸人」としても広く世間に知られている。

「絶大な人気を誇った大阪時代に、先輩に気に入られようと、ひたすらよいしょするというスタイルを確立したようです」(お笑い業界関係者)

 上京前には、個性派芸人を数多く生み出した『エンタの神様』(日本テレビ系)に犬井ヒロシ名義で出演。ここで一気に知名度を高め、その後は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、前述の「たいこ持ち芸人」や「中学の時イケてないグループに属していた芸人」などに出演し、ブレイクした。

 しかし、そんな高橋に、実は「キレやすい一面がある」(テレビ局関係者)というのだから驚きだ。

「後輩に対しての高橋の言動が、ひどすぎるんですよ。高橋は、今田耕司にも影響を与えるほど大の少女時代ファン。ライブに後輩を連れて行ったそうですが、ちょっとでもメンバーの名前を間違えたり、踊りを把握できていなかったら、ぶち切れていたそうです。また、合コンでは、後輩がセクシーな服を着た女性の横にずっと座っていると、『胸チラしているなら、こっそりメールせえよ。自分さえよかったらええんか!』と大激怒。テレビでの温厚そうなイメージとは、まったく違いますよ」(同)

ほかにも、「宿泊先のホテルで、2種類あったコーヒーのうち、本人が希望しない方を後輩が誤って準備した途端、鉄拳制裁を食らわした」(同)という話も。高橋の素顔は、“太鼓持ち芸人”ではなく、 “ただの小物”なのかもしれない。

まさにスネオ!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

温厚そうなイメージは偽り!? 「キレやすい」と呆れられる、某太鼓持ち芸人のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! アメトーーク!サバンナ芸能ウラ情報高橋茂雄のニュースならサイゾーウーマンへ!