【動画あり】

MAXの新曲が「何か変」と話題! エイベックスの「オワコン再生法」とは?

maxtacata.jpg
YouTubeより

 3年ぶりのリリースとなるダンスボーカルグループ・MAXの新曲「Tacata’」(タカタ)が、ネット上で「何か変!」と話題になっている。最盛期の1990年台後半には、新曲をリリースすればオリコンチャート10位以内が確実だったMAXだが、今回の復帰の真意とは?

 5年連続『NHK紅白歌合戦』に出場、リリースにはすべてタイアップが付くなど、かつては“時代の寵児”だったMAXだが、ピークもまた短かった。

「2000年台に入った頃から、シングルCDのオリコンランキングはヒト桁台に入ることもなくなり、また活動休止と発表されたAkiがそのまま脱退するなど、いい話題にも恵まれず次第に表舞台からも消えていきました。最後のオリジナルアルバムのリリースは06年が最後で、それも53位という散々な結果でした」(芸能ライター)

 そして今回は、オリジナルメンバーREINAが産休中とあって、3人体制での再始動となったわけだが、新曲「Tacata’」はPVが公開されるやいなや、ネット上で話題に。「カタコトの日本語がハマる」「ジャパネット高田かよwww」などと、「Tacata’」に取り憑かれる者が続出した。

「もともと“歌謡ダンスユニット”と呼ばれていたMAXだけに、新曲『Tacata’』もその流れをくんだラテンナンバーに仕上がっています。しかし、もはやMAXの新譜はどうやっても売れる見込みがないし、メンバーがどう思っているかはわかりませんが、レコード会社の担当者は『ネットで話題になって、これ幸い』と思っているでしょう」(レコード会社関係者)

 そしてさらに気になるのが、通常版とともにリリースされた「EXERCISE VIDEO盤」の存在。ニュースリリースによれば、ハイヒールを履きながらできるエクササイズの教則DVDが同梱されるということだが……。

「エイベックスの業績を黒字に転換させたと話題になった『TRF EZ DO DANCERCIZE』を意識したものでしょう。これは、TRF のヒットナンバーに合わせてエクササイズを学べるDVDですが、70億円ほど売り上げたと聞いています。かつてのヒットメーカー、いわゆる“オワコン”を多数抱えるエイベックスは、その再生法として、エクササイズに勝機を見いだしたというわけです。もし『Tacata’』のネット上での話題性に乗り、過去のヒット曲までエクササイズDVD化する流れを狙っているとしたら、今回の再始動は上々のスタートを切ったということになりますね」(同)

 果たしてこの“エクササイズ商法”は、今回も成功するのだろうか?

「ユニバーサル言語 Tacata’」という歌詞の乱暴さ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク