スリムすぎ!

ももクロのスリーサイズが流出! ウエスト60cmにグラドルが戦慄?

momokuro.jpg
『5TH DIMENTION』(キングレコー ド)

 アイドルグループ・ももいろクローバーZのメンバーのスリーサイズが流出してしまった。彼女たちはこれまで身長のみを公表していたが、リアルなスリーサイズの数字が明らかになり、ファンを中心にネット上は騒然となっている。

 ももクロの衣装デザインを担当しているウクライナ出身の Elena Slivnyak 氏が、Twitter に 1 枚の画像と共に「Hey Japan ! Guess what I’m working on !!!! So exited ! (日本のみんな! 今ある仕事に取り掛かっているの。とっても興奮しているわ)」とツイート。その画像には、ももクロメンバーを採寸したと思われるデータが載っていたのだ。

「Elena氏といえば、ももクロのセカンドアルバム『5TH DIMENSION』のアートワークで使用された衣装が彼女の作品とそっくりだったことから、ネット上で“衣装パクリ疑惑騒動”が起きました。所属レコード会社が『(Elena氏の)デザインを原案に、本人了承の上で作成されたものです』と経緯を説明し、今後も両者がコラボする趣旨の声明発表で幕引きしています。スリーサイズ流出は、そのコラボが仇となった格好ですね」(アイドル誌編集者)

 スリーサイズが流出したのは玉井詩織と佐々木彩夏、高城れにの3人。玉井がB73・W60・H82、佐々木がB79・W62・H89、高城がB79・W60.5・H87 というもの。百田夏菜子は W59・H83、有安杏果はH87と画像から判読でき、ほかにも全員の身長や太もも回りなども判読できる。

「スリーサイズはいい感じで、ネット上でも『スタイルいいじゃん!』との声が多かったですね。実際、ウエストのサイズが本当に60cm前後というのは珍しい」(同)

 グラビアアイドルをはじめとする芸能人のスリーサイズのサバ読みは、業界では常識なのだという。

「よくグラドルのウエストサイズなんて、 58cmとか60cmとかいっているじゃないですか。あれは全部ウソですからね。磯山さやかが“コアリズムダイエット”でスリムになった時、ダイエット前の彼女のウエストが76cmだったことには驚かされたものです。磯山の公称ウエストサイズは、60cmでしたから16cmもサバを読んでいたことになります。新人アイドルのウエストには、とりあえず58cm、さすがに少しムリがあると判断したふくよかな子は60cmという暗黙のルールというか、“基準値”があるのです。まあ、芸能界では10cmぐらいのサバ読みは当たり前ということです(笑)」(同)

 つまり、アイドルで実際にウエストサイズが60cm 以下というのは、極めて稀ということだ。ウエストラインが怪しいグラドルを見かけたら、ももクロより太いか否かでジャッジするとよいかもしれない。

小阪由佳しゃんの三段腹のがアタチは好き

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー